サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パワーアップに勝るものなし? 性能向上が激しかった頃の高性能車3選

ここから本文です

■DOHC+ターボの組み合わせでパワーアップを実現したクルマを振り返る

 1979年に日産「セドリック/グロリア」が、国産乗用車で初となるターボエンジンを搭載。1980年代になると一気にターボエンジンの普及が始まります。

トヨタ「86」が4ドアに! 5名余裕のセダンになって登場!

 また、1980年代はトヨタ以外のメーカーでもDOHCエンジンが復活し、次々と登場。さらにDOHCエンジンにターボチャージャーが装着されて、国産車の高性能化が加速しました。

 1970年代は排出ガス規制の強化から各メーカーともパワーダウンを余儀なくされましたが、その反動からパワーを要求する流れは自然なことだったといえます。

おすすめのニュース

サイトトップへ