サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 激熱ヤケド注意!! ルノー・スポール渾身の「スピダー」と「クリオV6」とは

ここから本文です

激熱ヤケド注意!! ルノー・スポール渾身の「スピダー」と「クリオV6」とは

■見た目もスペックもレーシングカー然とした「スピダー」

 2021年シーズンより、従来のFIA世界耐久選手権に加えてF1GPでも「アルピーヌ」ブランドへと移行した仏ルノーのレーシング部門だが、1977年に世界初のターボチャージャー付マシンとともにF1GPに参戦して以来、その責務を長らく担ってきたのは「ルノー・スポール(Renault Sport)」であった。

「ツインターボ」を聞かなくなったワケ 時代と共に変化し続ける「ターボ」という技術

 また前世紀末以降のルノー・スポールは、ルノーの高性能モデルを開発・生産するブランドとしても展開され、最新の「メガーヌRS」に至る名作の数々を送り出してきた。

 今回VAGUEでは、ルノー・スポールがブランドとして自動車界に参入した初期の作品として、英国「シルバーストーン・オークション」社がさる3月下旬に開催したオンライン限定オークション「The Race Retro Live Online Auction 2021」に出品した2台のあらましと、オークション結果についてレポートしよう。

●1997 ルノー・スポール「スピダー」

 仏ルノーは、1960年代に「R8ゴルディーニ」を供用して開幕させた「クープ・ナシオナル・ルノー・ゴルディーニ(通称ゴルディーニ・カップ)」以来、現代に至るまで、若手レーシングドライバーの登竜門となるワンメイクレースを熱心におこなってきたことで知られる。

 使用されるマシンは、常にその時々のルノーでもっともホットなスポーツモデル。そのなかでもとくにユニークな車両のひとつが、「ルノー・スポール・スピダー」だろう。

 スピダーは、長らくF1GPでも活躍してきたルノーのモータースポーツ部門「ルノー・スポール」が送り出した初の市販モデルとしても知られる伝説のミッドシップ・スーパースポーツである。もともとワンメイクレース「スピダー・トロフィー」用に開発されたが、1995年に発表された翌年から、ロードカーの市販もおこなわれた。

 この生産はかつてアルピーヌの本拠であったディエップでおこなわれたことから、事実上のアルピーヌ後継車といっても過言ではあるまい。

 パワートレインは、当時の「メガーヌ16V」に積まれた2000cc直列4気筒DOHC16バルブを、駆動系とともに横置きミッドシップに搭載したもの。シャシは角断面のアルミ押し出し材を溶接で組み上げたスペースフレームで、前後ダブルウイッシュボーン式のサスペンションはフォーミュラマシンさながらのプッシュロッド方式を採用するなど、本格的な作りを身上とした。

 ボディはFRP製で、サイドウィンドウやソフトトップを持たない純粋なロードスターとなる。ドアは、斜め上に跳ね上がるシザースタイプとされた。

 1996年に発売されたロードバージョンには「ソットヴァン」と「パラブリーズ」というふたつのバージョンが設定。後者のパラブリーズには大型のウインドスクリーンが与えられるが、他方ソットヴァンはウインドシールドさえ持たず、コクピット直前に「エアロスクリーン」と呼ばれるディフレクターを装着。これがスピダーのアイコンとなった。

 発表の際にルノーがプレス向けに配布した広報資料にて「ルノー・スポール・スピダーはロードユースにも適合するレーシングカー」と謳っていたとおり、公道走行に最低限必要な保安部品以外は、エアコンやオーディオなどの快適装備はもちろんのこと、ABSやLSD、パワーステアリングやブレーキブースターなど、1990年代においてすでに常識となり始めていたアシスト装備も一切持たないという、きわめてスパルタンかつストイックなスポーツカーだった。

 ディエップの旧アルピーヌ・ファクトリーでは、1日4台ペースのハンドメイドで、トロフィー仕様を含めて1726台を生産。今回のオークション出品車両は、英国市場向けに60台のみが生産されたといわれる右ハンドル仕様の「パラブリーズ」である。

 走行距離はおよそ7800マイル(約1万2600km)と年式のわりには少ないが、主要なサービスはきちんとおこなわれているようだ。カムシャフトの駆動ベルトやウォーターポンプ、フルードやフィルターなどを含む消耗品はすべて新品に交換。オリジナルのアロイホイールも新調され、新しいフロントタイヤが組み合わされているという。

 近年ではマーケットに出る機会もめっきり少なくなったスピダーだが、この個体はコンディションも含めて、なかなかよい1台にも見えた。しかし、3月28日に締め切りを迎えたオンライン競売では落札に至らず、現在では4万300ポンド、日本円にして約612万円で継続販売となっている。

■「サンクターボ」の再来と謳われた「クリオV6」とは

「ルノー・スポール・クリオV6」は、スピダー・トロフィーの後継車たるレースバージョン「クリオV6トロフィー」として、1998年のパリ・サロンにて発表された。

 コンセプトやデザインは、1980年代に同じルノー・スポールが開発・生産した伝説の怪物「5(サンク)ターボ」を思わせるもので、その魅力を感じ取ったファンたちからロードバージョンを求めるリクエストが殺到。その結果、新たに公道用ロードカーとしてのモディファイやディチューンが施されたのち、2000年11月から、まずはフランス本国内マーケットで販売が開始されることになった。

●2002 ルノー・スポール「クリオV6(230)フェイズ1」

 基本的な成り立ちは、2代目「クリオ(日本名ルーテシア)」のボディ/シャシに大幅なモディファイを加え、3リッターV6エンジンをミドシップに搭載する2シータースポーツカーとしたもの。サスペンションは、前後とも専用設計のストラット式とされた。

 前後バンパーやフェンダーはワイド化された専用パーツを新規製作し、ボディのサイドパネルは一体成型。また両サイドのリアフェンダーには、この時代のF1マシンを思わせる意匠のエアスクープが設けられ、大排気量エンジンの冷却とインダクションシステムへのエア供給がおこなわれている。

 パワーユニットは、クリオV6トロフィーもロードバージョンのクリオV6も、DOHC24バルブヘッドを持つ2946ccの自然吸気V型6気筒エンジンとなる。同時代のルノー「ラグナ」に搭載されているものと共用ながら、圧縮比や吸排気系の再チューンによってレブリミットを引き上げ、最高出力230psを発生する。

 トランスミッションは6速MTが組み合わされ、ロードバージョンでも0-400m加速14.5秒、最高速235km/hという、現代のリアルスポーツに相応しい高性能を獲得した。

 ちなみに、ロードカーの開発を担当したのは、1980-1990年代にジャガーのレース活動を受託して、同社のル・マン制覇を主導、さらに世紀の変わり目には「F1アロウズ・チーム」のマシン開発やチーム運営も担当していた英国「TWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)」である。

 また市販車の生産も、南仏ディエップの「ルノー・スポール」ファクトリーではなく、TWRがスウェーデンのウッデバラに構えた工場でおこなわれることになった。

 2003年春、クリオV6は「フェイズ2」と呼ばれる後期モデルに移行。フロントマスクを大幅に変更し、生産拠点は英国TWRからルノー・スポールのディエップ工場、すなわち往年のアルピーヌのファクトリーへと移され、クオリティの向上とデリバリーの安定化が図られることになった。

 またV6エンジンにはさらなるチューンが施され、最高出力は255psに達した。さらに、リアのサブフレームの剛性アップやサスペンションのアライメント変更。タイヤ/ホイール径を17インチから18インチに拡大するなど、シャシに大幅に手が加わり、フェイズ1ではトリッキーと評されたハンドリングも格段に安定し、スーパースポーツとしての資質を確実に高めるに至った。

 このほど「The Race Retro Live Online Auction 2021」に出品されたクリオV6は、フェイズ1と呼ばれる前期モデルである。わずか223台しか作られていないという右ハンドルの英国マーケット仕様車のひとつで、2002年4月に初登録されたという。

 3月28日に締め切られたオンライン入札では2万9813ポンド、日本円に換算すれば約452万円で無事落札となったが、これは現状のマーケット相場にほぼ即したものと思われる。

 シルバーストーン・オークション社は公式WEBカタログ内で「近い将来、間違いなく“クラシック”となるでしょう」と記しているが、筆者も同意見である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します