サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ライツ鈴鹿合同テストはウエットに。初日は午前が太田、午後は小高が首位

ここから本文です
 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の合同テストが12月6日、三重県の鈴鹿サーキットでスタートした。1日目は9時45分から2時間、14時から2時間の合計2セッションが行われ、午前はB-MAX RACING TEAMの50号車をドライブした太田格之進が、午後はTOM'Sの1号車をドライブした小高一斗がトップタイムをマークした。

 シーズンオフ恒例のスーパーフォーミュラ・ライツのテストだが、今回は14台が参加。1台をシェアするかたちで複数のドライバーがエントリーしているが、迎えた12月6日の走行初日は雨が降り、あいにくのウエットコンディション。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ