サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 神戸空港 黄色い消防車を導入 大型化学消防車&給水車を更新へ

ここから本文です

空港開設以来、初の消防車更新

 関西エアポートグループは2021年6月9日(水)、運営する神戸空港の消防車両を更新することを明らかにしました。

まるで装甲車 空港の消防車はなぜデカいのか 「赤」じゃないものも 街中の消防車との違い

 対象の車両は大型化学消防車3台と給水車で、これらは神戸空港が開港する直前の2005(平成17)年9月から約16年にわたって使用されてきたものとのこと。2022年5月までに4台を更新する計画で、大型化学消防車についてはオーストリアのローゼンバウアー社が製造する黄色い車体のものになります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン