サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキZ900RSを往年の名車「Z1000R」のスタイルに! ドレミコレクションが提案する魅惑のカスタム

ここから本文です

カワサキZ900RSを往年の名車「Z1000R」のスタイルに! ドレミコレクションが提案する魅惑のカスタム

旧車のスタイルが好きだけど、最新モデルの安心感と性能を求める人ならZ900RSのカスタムはいかが? ドレミコレクションが展開するZ900RSベースのカスタムスタイルは旧車好きも満足する完成度だ。今回はZ900RS「Z1000R Style」を紹介しよう!
写真:井上 演/まとめ:オートバイ編集部

ドレミコレクションがカスタムしたZ900RS「Z1000R Style」
東京モーターサイクルショーで発表予定だった入魂モデル

カワサキが5台の新型車を発表&日本で販売する2021年モデルまとめ

カワサキ「Z900RS」が発売された当初から、Z1・Z1や、Z1000Jなどをイメージしたカスタムを積極的に提案しているドレミコレクション。オリジナルパーツも多くラインアップし、Z900RSオーナーとしては頼りになるカスタムパーツメーカーとなった。

とはいえ、Z900RSの純正タンクは個性的であるため、本格的なペイントで仕上げていても、Z900RSのスタイルチェンジであることが分かりやすかった部分もある。

しかし、今回、ここで紹介するカスタムは、外装形状そのものが大幅に変更され、まさに「見間違う」ほどの仕上がり。それを可能にしているのが、オリジナルのインナータンクだ。このインナータンクのおかげで、本来、丸みのあるタンクであるZ900RSも、Z1000Rらしい直線的な四角い外装の装着が容易となった。

単にオリジナルのリプロパーツを組み合わせるだけでなく、パーツの造形や取り付け位置、ステー、ペイントまでもが車体に合わせて調整されている。それによって、車体構成の違うZ900RSであっても、見間違うほどのZ 1000Rスタイルになっているのだ。

ドレミコレクションZ900RS「Z1000R Style」各部装備・ディテール解説
[ アルバム : 【写真10枚】ドレミコレクションZ900RS「Z1000R Style」 はオリジナルサイトでご覧ください ]

モチーフになった車両 カワサキ「Z1000R」(1982年)
AMAスーパーバイクでチャンピオンとなったエディ・ローソンを讃えて販売されたのがZ1000R・ローソンレプリカ。カワサキ=ライムグリーンを有名にした1台だ。

ベース車両 カワサキ「Z900RS」
2017年10月の東京モーターショーで世界初公開されたZ900RS。同年12月1日に発売されて大ヒット。その好調ぶりはいまだ健在で、新車・中古を問わず人気がある。エンジンは水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒・948cc。メーカー希望小売価格:税込135万3000円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します