サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実験走行は年間延べ320万km。カリフォルニア州で行われている熾烈な自動運転開発競争の最新レポート

ここから本文です
 ホンダが世界初のレベル3の自動運転車を発売したニュースが話題になった。アメリカでも自動運転の実用化に向けての実証実験が着々と進んでいる。2020年は2019年と比べると新型コロナウイルスの影響で実験そのものがやや減少したものの、カリフォルニア州では昨年1年間で延べ200万マイル(約320万km)に及ぶ走行実験が行われた。

 カリフォルニア州の陸運局(DMV)は、自動運転オペレーターに報告書の提出を義務付けており、そこには走行距離数の他、人間のオペレーターが危険を察知して介入(ハンドル操作もしくはブレーキング)を行った頻度も含まれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ