サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > モンツァでのトラブルは「根本原因を突き止める必要がある」とトヨタ技術首脳/WEC

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権に参戦するトヨタGAZOO Racingでテクニカル・ディレクターを務めるパスカル・バセロンは、7月18日に開催された第3戦モンツァ6時間レースでチームが直面した問題について、「根本原因を突き止める必要がある」と述べた。これには、8号車GR010ハイブリッドが上位争いを離脱する要因となった燃料システムの問題も含まれている。

 2台のGR010ハイブリッドは、第4戦ル・マン24時間を前にした一戦で、複数のトラブルに見舞われた。優勝したマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスの7号車においても、トラブルは降りかかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン