サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1代表ロバーツが組織再編により離脱。CEOカピートが新代表に

ここから本文です

 ウイリアムズF1チームは、代表サイモン・ロバーツがチームを去り、代わってCEOであるヨースト・カピートが代表を務めることを発表した。

 チームは6月9日、チームの内部体制変更により、ロバーツがチームを去ることを明らかにした。

ウイリアムズF1が新テクニカルディレクターを起用。VWの技術責任者を務めたドゥメゾンが加入

 ロバーツは、2020年6月にウイリアムズに加入、8月にウイリアムズファミリーがチームをドリルトン・キャピタルに売却した際、暫定的にチーム代表の役割を担い、同年12月に正式なチーム代表に就任した。

 カピートは今年2月に新CEOとしてチームに加入した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン