サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ、GLクラスを7年ぶりにフルモデルチェンジ

ここから本文です

メルセデス・ベンツ、GLクラスを7年ぶりにフルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツは、ラグジュアリーSUV「GLクラス」を7年ぶりにフルモデルチェンジをした「GL550」と「GL63 AMG」を4月22日に発売した。

新型GLクラスのエクステリアは、大型フロントグリルやヘッドライトなどに最新のメルセデスデザインを採用、よりアグレッシブかつスポーティなスタイリングとなっている。また、AMGエクスクルーシブパッケージ(+70万円)を選択することにより、大型のエアインテークを備えたフロントバンパーや前後オーバーフェンダー(左右+約20mm)、LED照明付ステンレスランニングボードなどが装備に追加される。

インテリアは、本革シートをはじめ、レザーARTICOで覆われたダッシュボード、拡大されたウッドインテリアトリムなどを装備、2列目シート(左右)には電動イージーエントリー機能を搭載し、3列目シートへの乗降性を向上した。

新型「GL 550」は、最新世代4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボBlueDIRECT(ブルーダイレクト)エンジン(最高出力320kW/435PS、 最大トルク700Nm)を搭載するとともに、最新の7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」やECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)を備えることで、燃費は従来モデルに比べ約44%向上している。

シャーシは、路面状況や走行状況に応じてばね定数、減衰力、車高を自動的に調整するADS(アダプティブ・ダンピング・システム)付電子制御式エアサスペンション「AIRマティックサスペンション」を装備、最新のフルタイム四輪駆動機構「4MATIC」や、横からの突風に対し安定した走行をサポートする「クロスウインドアシスト」などを採用する。

装備面では、「レーダーセーフティパッケージ(Radar Safety Package、RSP)」を標準装備するほか、駐車時など、車両周囲の状況を4つのカメラによって俯瞰で確認できる「360°カメラシステム」をメルセデス・ベンツとして初めて導入するとともに、縦列駐車時のステアリング操作をサポートする「アクティブパーキングアシスト」を装備する。

ハイパフォーマンスモデル「 GL 63 AMG 」は、メルセデス AMG社開発による最新鋭 5.5リッターV8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、最高出力410kW/557PS 、最大トルク760Nm を発生する。

また、「 GL 63 AMG 」では、アグレッシブな走りと快適性を両立する「 AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」やコーナーリング時のロールを軽減する「 ACTIVE CURVE システム」などを専用装備、インテリアには、専用デザインの AMGスポーツシート(本革)や AMGメーターパネルなど、よりスポーティな仕様が施されている。

価格は「GL550」が1290万円、「GL63 AMG」が1750万円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します