サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:ホンダが2020年GT500体制を発表。若手3人を起用し“FR元年”に挑む

ここから本文です

スーパーGT:ホンダが2020年GT500体制を発表。若手3人を起用し“FR元年”に挑む

スーパーGT:ホンダが2020年GT500体制を発表。若手3人を起用し“FR元年”に挑む

 1月10日、ホンダは東京オートサロン2020に合わせ、2020年のスーパーGT GT500クラスのチーム体制とドライバーラインアップについて発表した。2020年は新たに車両レイアウトを変更し、新しいクラス1規定に準拠したホンダNSX-GTを5台投入。GT500クラス初参戦となるドライバーが3名起用されるなど、フレッシュなメンバーとなった。

 これまでGT500クラス車両のなかで唯一のミッドシップレイアウトを採用していたホンダは、2020年から導入されるクラス1規定に向け、レイアウトを変更したNSX-GTを投入。テストから速さをみせており、チャンピオン奪回に向けて挑むシーズンとなる。

スーパーGT:GT300の2020年参戦チームはほぼ確定か。柳田真孝も復帰!? 年末~年明けの噂

 そんな2020年のGT500クラスに向けて、ホンダ陣営は昨年から変わらず5台5チームが挑むことになった。参戦チームは昨年から変わらずARTA、TEAM MUGEN、KEIHIN REAL RACING、Modulo Nakajima Racing、TEAM KUNIMITSUという5チームだ。

 一方で、ドライバーラインアップは大きく変更されることになった。まず2019年限りでスーパーGT参戦を終えたジェンソン・バトンに代わりTEAM KUNIMITSUに加わったのは、強烈なスピードを誇る牧野任祐だ。エース山本尚貴とのタッグはチャンピオンを狙うに相応しいコンビと言えるだろう。

 そして牧野、さらにスーパーGTから退くことを発表したナレイン・カーティケヤンが抜けたModulo Nakajima Racingには、ARTAから伊沢拓也が移籍するとともに、2019年までGT300クラスに参戦していた大津弘樹が加わることになった。大津は2019年開幕前にすでにGT500をドライブした経験をもっている。そして優れた開発能力をもつ伊沢への期待も大きいはずだ。

 一方、伊沢が移籍したARTAには、2019年のGT300クラスチャンピオンである福住仁嶺が加わり、野尻智紀とコンビを組む。ARTA NSX-GTは2019年の開幕優勝を遂げているだけに期待は大きいだろう。また、不変の体制となったのはKEIHIN REAL RACING。塚越広大/ベルトラン・バゲットのコンビが継続する。

 そして、最大のサプライズとも言えるのがTEAM MUGENだろう。2019年のスーパーGT×DTM特別交流戦のなかで突如引退を発表した中嶋大祐に代わって武藤英紀とコンビを組むことになったのは、スーパーGTのシリーズ戦自体が初参戦となる笹原右京だ。

 笹原は2018年までホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一員だったが、2019年はポルシェのスカラシップドライバーとしてカレラカップ・ジャパンに参戦し、一時ホンダ陣営からは離れていた。とはいえフォーミュラではレースでアグレッシブな強さを見せていただけに、期待の参戦と言えるだろう。

 この笹原、そして福住、大津と2020年のホンダのGT500ラインアップには、初のGT500参戦となるドライバーが3名そろうことになった。フレッシュな顔ぶれで王座獲得を目指すことになる。

ホンダ 2020年スーパーGT GT500クラス
参戦チーム/ドライバーラインアップ
NoTeamDriver8ARTA野尻智紀/福住仁嶺16TEAM MUGEN武藤英紀/笹原右京17KEIHIN REAL RACING塚越広大/ベルトラン・バゲット64Modulo Nakajima Racing伊沢拓也/大津弘樹100TEAM KUNIMITSU山本尚貴/牧野任祐

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します