サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NEDO、国際石油開発帝石、日立造船:CO2活用メタン合成試験設備を完成、試運転開始

ここから本文です
NEDOは、CO2有効利用技術開発事業に取り組んでおり、国際石油開発帝石、日立造船と共に、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを合成する試験設備を国際石油開発帝石長岡鉱場の越路原プラント敷地内に完成させた。今後、試運転を経て、各種試験および連続運転を2019年度末まで実施する。

 火力発電などから排出される二酸化炭素(CO2)の削減は、気候変動対策として重要であり、またCO2を資源としてとらえて、これを回収し、有効利用する「カーボンリサイクル技術」の開発も求められている。

おすすめのニュース

サイトトップへ