サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、「C-HR」一部改良 特別仕様車追加も

ここから本文です

トヨタ、「C-HR」一部改良 特別仕様車追加も

トヨタ、「C-HR」一部改良 特別仕様車追加も

 トヨタ自動車は4日、「C―HR」を一部改良し、特別仕様車を加えて発売したと発表した。月販3500台(うち特別仕様車は1450台)を見込む。

 一部改良では「トヨタセーフティセンス」のプリクラッシュセーフティを夜間の歩行者と昼間の自転車、右左折時に対抗方向から横断する歩行者に対応させた。また、自車線内を歩く歩行者と衝突する危険が高い時、回避スペースがある場合に回避操舵を支援する「緊急時操舵支援」も国内で初採用した。快適温熱シート(運転席・助手席)や電動ランバーサポートなども一部グレードに標準装備した。

トヨタ、8月の国内生産は稼働停止なし 計画の97%まで回復 レクサスは休日出勤で挽回生産

 特別仕様車「モード・ネロ セーフティプラス」は、G及びG―Tグレードをベースに内外装のスポーティー感を高め「パノラミックビューモニター」などの安全装備を追加しながらベース車と同価格にして買い得感を高めた。

 価格(消費税込み)は一部改良前と比べ1万5千~5万円高の283万2千~314万5千円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します