サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小田急とJR東日本、町田市でMaaS実証実験を実施へ

ここから本文です

小田急電鉄は9月16日、東日本旅客鉄道(JR東日本)と連携して、町田市山崎団地周辺エリアでMaaS(モビリティアズアサービス)の実証実験を実施すると発表した。

実証実験では、NTTドコモの AI運行バスシステムを用いた乗合型オンデマンド公共交通サービスを、小田急電鉄が開発したMaaSアプリ「EMot」で検索・手配できる形で提供する。

また、JR東日本の首都圏のほぼ全線と首都圏以外の主要路線と、小田急線全線、神奈川中央交通の路線バスのリアルタイムデータを用いて、遅れを加味した経路案内サービスを「EMot」と「JR東日本アプリ」で提供する。

おすすめのニュース

サイトトップへ