サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ、ドイツで大規模充電インフラ構築。約4500の充電ポイントを工場に設置

ここから本文です

アウディ、ドイツで大規模充電インフラ構築。約4500の充電ポイントを工場に設置

アウディは1月22日、電動車両の充電に関する新たなプロジェクトを発表した。ドイツ国内のアウディの生産拠点に4500以上の充電ポイントを設置し、駐車スペースの10%で充電を可能にする。同プロジェクトに1億ユーロ(約120億円)を投じ、2022年半ばまでに実現する。

自社工場駐車場の充電設備の拡充。利用者はアウディ従業員が中心となるが、大部分を一般にも解放するという。設置される充電器の多くは、交流の充電器で最大出力22kWとなる。これは多くのEVに対応しているもの。

今回のプロジェクトは、将来の新ビジネスに向けた試験的な運用という側面がある。アウディはエネルギープロバイダーの運用を視野に入れており、これは2050年までに完全なCO2ニュートラル(排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素の量が同じ=CO2を増やさない)モビリティの実現を目指す壮大なプロジェクトの一環となる。今回のプロジェクトでは、課金管理や緊急対応窓口などのサポートも行い、まずは社内で試験的に行い、ビジネスモデルを構築する狙いがある。

計画では、本社のインゴルシュタットの主要工場で3500箇所、ネッカーズウルムでは1000箇所、ブリュッセル(ベルギー)とジェール(ハンガリー)では100箇所程度の設置する予定。インゴルシュタット、ネッカーズウルム、ブリュッセルは、すでに総電力21メガワットの充電インフラを備えており、これは人口1万4000人の町の電力消費量に匹敵するという。

なお今回のプロジェクトは、ドイツ企業が実施する充電インフラプロジェクトとしては過去最大規模とされる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します