サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「GSX-R250R」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

ここから本文です
SUZUKI GSX-R250R/市販車で2万回転を達成した最強シリーズの末弟
250ccとしては世界初となる水冷4気筒エンジンを搭載し、1983年3月に登場したGS250FW。そのネイキッドバージョンとして1985年3月にリリースされたGF250。この2機種を擁して、スズキは250ccクラス4気筒化の口火を切る。

その後のオートバイブーム、ロードレースブームの急激な盛り上がりとライバルの台頭を受けて、1987年にデュアルヘッドライトのフルカウルフォルムに、超ショートストロークタイプの新設計4バルブエンジンを包んだGSX‐R250にフルモデルチェンジ。

おすすめのニュース

サイトトップへ