サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「GSX-R250R」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

ここから本文です

スズキ「GSX-R250R」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

SUZUKI GSX-R250R/市販車で2万回転を達成した最強シリーズの末弟
250ccとしては世界初となる水冷4気筒エンジンを搭載し、1983年3月に登場したGS250FW。そのネイキッドバージョンとして1985年3月にリリースされたGF250。この2機種を擁して、スズキは250ccクラス4気筒化の口火を切る。

その後のオートバイブーム、ロードレースブームの急激な盛り上がりとライバルの台頭を受けて、1987年にデュアルヘッドライトのフルカウルフォルムに、超ショートストロークタイプの新設計4バルブエンジンを包んだGSX‐R250にフルモデルチェンジ。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を徹底検証!

さらに、1989年にはアルミフレームを採用したGSX‐R250Rへと進化した。

スズキの4気筒クォーターの特徴は、悪く言えばアンダーパワー、よく言えば一般公道において誰もが走りを楽しめる点にあった。

このGSX‐R250Rも、エンジン内部パーツの軽量化に始まり、吸気バルブの大径化、エアクリーナー容量の拡大、ダウンドラフトタイプの4連スリングショットキャブレターやエアクリーナーダクト周囲にフレッシュエアを供給するSCAI、エキゾーストパイプ部に円筒形の連結チャンバーを設けたSPES、湾曲させることで冷却効率を高めたラジアルフローラジエターの採用など、当時最先端のテクノロジーを投入してブラッシュアップ。

車体関係もツインスパータイプのアルミフレームにφ41mm正立フォーク、スタビライザー付きアルミスイングアーム、フローティングマウントのリアブレーキキャリパーなど、当時のライバルをワンランク上回る構成を備えていたが、基本的なセッティングは扱いやすさ重視。

経験の浅いライダーでもエンジンを回し込んで走る醍醐味が味わえた。

スズキ GSX-R250R 主なスペックと発売当時の価格(1989年2月)
エンジン型式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 248cc
内径×行程 49.0×33.0mm
圧縮比 12.5
最高出力 45PS/15000rpm
最大トルク 2.6kg-m/10500rpm
燃料供給方式 キャブレター[BDST32]
変速機型式 常噛6段リターン
全長×全幅×全高 1990×695×1080mm
軸間距離 1380mm
シート高 730mm
乾燥重量 143kg
燃料タンク容量 13L
タイヤサイズ(前・後) 110/70R17・140/60R18
当時価格 59万9000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します