サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPチェコFP3:ヤマハ勢好調、モルビデリがトップ。中上Q2直接進出を逃す

ここから本文です

 ブルノ・サーキットでMotoGP第4戦チェコGPのフリー走行3回目が行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリがトップタイムを記録した。

 サーキット周辺は初日に引き続き青空が広がる好天に恵まれた。FP3は予選組分けを決する重要なセッションだが、気温27℃、路面温度27℃と穏やかなコンディションで走行が開始された。

■初日首位クアルタラロ、リヤタイヤのグリップに苦戦。ヤマハの“持病”が顕在化?

 なおフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)はFP1で転倒して右足脛骨を骨折したことで、チェコGPを欠場することとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン