サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、販売台数半減で営業赤字157億円 2020年4-6月期決算

ここから本文です

SUBARU(スバル)は8月4日、2020年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルス感染拡大による販売減少により、157億円の営業赤字となった。

海外販売台数は前年同期比50.1%減の11万5000台、国内販売台数は同44.3%減の1万9000台、海外と国内を合わせた全世界販売台数は同49.3%減の13万3000台となった。売上高はこれら販売台数の大幅な減少などにより、同45.2%減4570億円となった。

なお、全世界生産台数は同64.8%減の9万2000台となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ