サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファタウリF1の角田裕毅「クラッシュし続けていたから、残留できて少し驚いた」

ここから本文です

 角田裕毅は、2022年の残留が確定した状態で、アルファタウリのホームグランプリであるF1第14戦イタリアGPに臨む。

 アルファタウリは、9月7日、2022年のドライバーラインアップを発表、ピエール・ガスリーと角田裕毅の残留を明らかにした。

アルファタウリF1残留の角田裕毅「F1での経験を積ませてくれるチームに感謝」僚友ガスリーの存在も助けに

「(来年もスクーデリア・アルファタウリからドライブするという)発表があり、さらなる力を得ることができました」と角田はチームのイタリアGPプレビューリリースのなかでコメントしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン