サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プラスチック製インサート装着ホイールで“電費”を2%削減!? BMWが年内に発表する新型EV「iX3」に採用するエアロダイナミックホイールを公開!

ここから本文です

プラスチック製インサート装着ホイールで“電費”を2%削減!? BMWが年内に発表する新型EV「iX3」に採用するエアロダイナミックホイールを公開!

BMWはこのほど、2020年内に市場導入を予定しているピュアEVの新型SUV「BMW iX3」に採用する「BMWエアロダイナミックホイール」を公開した。

従来のアルミホイールより15%の軽量化も実現

ES、UX、RXが躍進! レクサスが2019年のグローバル販売実績を発表。前年比10%プラスとなる76万5330台で過去最高を記録!

 このアルミホイールには、V字型スポーク部分に個別に設計されたプラスチック製のインサートを装着することで、高い空力性能を実現。現行「X3」と比べて空気抵抗が約5%削減できるだけでなく、従来の一般的なアルミホイールよりも15%軽量なのが特徴だ。


 これによりバッテリーの“電費”は、これまでの一般的なホイールを装着する車両に比べて約2%削減できることが同社の実験で明らかとなった。この新型ホイールを装着する「iX3」のプロトタイプの場合、電費は0.4kWh/100kmをマーク。この値はこれまでの一般的なアルミホイールを装着した場合より、10km長く走れることになる。


 プラスチックのインサートはさまざまなカラーに塗装することができ、ユーザーの好みに合わせてポリッシュ仕上げやマット仕上げにすることも可能だ。さらにひとつのホイールに、複数のカラーや仕上げを施すこともできるので、スタイリングパーツとのコーディネイトの幅が広げられる。


 年内に市場導入が予定されている「iX3」には、第5世代の「BMW eテクノロジー」を採用。286hp/400Nmを引き出すモーターとエネルギー容量74kWhのバッテリーが搭載され、最高で440kmの航続距離を実現する。ちなみにこの「iX3」に続き、2021年には「BMW i4」や「BMW iNEXT」が新世代EVラインナップに加わる予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します