現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【Front Screen/安東弘樹】新「あー、羨ましい!」と感じた、スマートな台湾ETC事情

ここから本文です

【Front Screen/安東弘樹】新「あー、羨ましい!」と感じた、スマートな台湾ETC事情

掲載 2
【Front Screen/安東弘樹】新「あー、羨ましい!」と感じた、スマートな台湾ETC事情

台湾の高速道路にはバーも料金所もありません!

 「あー、羨ましい!」 。ある日、いつものように、好きなYouTuberさんの動画を観ていて、そう叫んでしまいました。
 動画の投稿者はおそらく30代前半のクルマ好きで、普段は「分割日本1周」など、国内の主に一般道を愛車のフェアレディZ(Z33型)で走る様子をアップしています。
 その方がパンデミックも落ち着いたので初めて海外ドライブの動画を上げていました。台湾全土を回る中で、彼のレンタカーが高速道路を通過する際に、冒頭の「羨ましい」という言葉が私の口から出てきたのです。なぜかというと、台湾の高速道路の出入り口にはゲートも料金所も、あの、「とうせんぼ」をするバーも無いのです。

【Front Screen/安東弘樹】新種のクルマ好き? テスラ・オーナーのYouTubeにはまっています

 日本ではクルマにETC車載器を取り付け、そこに専用のクレジットカードを差し込み、それを読み取るゲートが料金所に有って、通過する際にはスピードを時速20km/hまで落とすのがルールです。しかし動画を観ると、台湾では何もないように見えるのです。
 これは、優れたETCシステムのおかげ。台湾のシステムは、2015年に国際有料道路協会の最高賞を受賞、2016年にも国際道路連盟の世界道路成果賞におけるスマート交通管理部門で、最優秀賞に輝きました。
 あまりに羨ましかったので、動画を途中で停止させ、インターネットを駆使して、このシステムを詳しく調べてしまいました。

台湾のETCはe-TAGというシールを貼るだけ

 台湾のETCは日本と違い、フロントガラスにe-TAGと呼ばれるシールを貼るだけで車載器は必要ありません。このe-TAGにはICやアンテナが内蔵されており、料金所(というよりセンサー)などからの電波をエネルギー源として動作するパッシブタグになっています。電源すら必要ないのです。しかも、このタグは低コストで作れるため、ユーザーに無料で提供されます(少なくとも調べられた2021年まではそうでした)。このような理由から普及も早かったということです。

 料金は、道路上にセンサーが適宜設置されているため、e-TAGが付いているクルマがどこから入って、どこで高速道路を降りたかが瞬時に把握され算定されるようになっています。ですので、高速道路には料金所は有りませんし、ドライバーは減速する必要もありません。当然料金を徴取するスタッフも居ません。ユーザーは制限速度に気をつけて自由に走行すればいいのです。

 もしe-TAGを付けていないクルマが通過しても問題はありません。e-TAG未装着車の料金徴収はどうするのかというと、クルマのナンバーを読み取り、後日、クルマの所有者や使用者に請求する仕組みになっています。手数料として1割増しの料金を請求するようですが、e-TAG自体が無償のため、未装着のクルマは、ごくわずかだそうです。

 このYouTuberさんは、レンタカー利用です。たぶん、借りるときにクレジットカードを登録したか、コンビニなどで後払いもできますので、それを利用して決済したと思われます。レンタカーなどでも簡単に利用できるのも、このe-TAGの優れた点です。
 動画内でも、YouTuberさんが「すげー、これは便利だ」といっていましたが、私も同感。素直な感想として、「羨ましい」という言葉が出たのです。
 ETC車載器を購入する必要がなく、通過する際に減速する必要もない台湾のETCシステムは理想的だと思いますが、皆さんは、どう思われますか?

 できれば日本も台湾と同様のETCシステムを導入してほしいと考えます。もちろん、いまから日本のシステムを変えるにはハードルは高いでしょう。しかし日本の高速道路は、半永久的に有料であることが決まっています。今後のゲート維持費や新設する際のコストを考えたら、ユーザーの利便性も含めて、台湾システムへのETC全面変更を決断してもメリットがあると考えます。

 先日、もともと持っていたマイナンバーカードに保険証と銀行口座を紐付ける手続きのために役所に行って、諦めに近い感情になりました。色々と後付けのデジタル化を必死に進めている役所の努力が垣間見えたものの、さまざまな手続きを、手作業でやっている様子を見て、日本で何か制度やシステムを替えるということは、あまりにハードルが高いと実感しました。
 いくらメリットがあっても日本のETCが台湾式になるのは難しいかもしれませんね。

【プロフィール】
あんどうひろき/フリーアナウンサー。1967年、神奈川県生まれ、元TBSアナウンサー、現在は独立し、TBSラジオ「UP GARAGE presents GARAGE HERO’s ~愛車のこだわり~」、TOKYO MX「バラいろダンディ」、MBS「朝日奈央のキラめきスポーツ~キラスポ~」、テレビ東京「ミライの歩き方」、bayfm78「MOTIVE!!」など多くのテレビ、ラジオ番組で活躍。趣味・特技はモータースポーツ、クルマ全般、弓道、スキー。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)選考委員

こんな記事も読まれています

狭っ! 「バイクもはみ出す!?」 右折させる気ある? 「激狭レーン」が話題! 九州にある驚き交差点とは
狭っ! 「バイクもはみ出す!?」 右折させる気ある? 「激狭レーン」が話題! 九州にある驚き交差点とは
くるまのニュース
カワサキ「Z e-1」 原付二種の電動バイクを2024年1月に発売
カワサキ「Z e-1」 原付二種の電動バイクを2024年1月に発売
バイクのニュース
外部パワーアンプに“ch数”違いがあるのはなぜ!?…キーワードから読み解くカーオーディオ
外部パワーアンプに“ch数”違いがあるのはなぜ!?…キーワードから読み解くカーオーディオ
レスポンス
普通二輪ハーレーの教習車「X350RA」の姿が判明! アメリカ本国でラインナップされる“ライディングアカデミー”仕様
普通二輪ハーレーの教習車「X350RA」の姿が判明! アメリカ本国でラインナップされる“ライディングアカデミー”仕様
WEBヤングマシン
ホンダ新型「グロム」登場! 5速MTエンジンや足回りは踏襲、国内導入は3月か【海外】
ホンダ新型「グロム」登場! 5速MTエンジンや足回りは踏襲、国内導入は3月か【海外】
WEBヤングマシン
2023年の中古車市場規模は3兆9062億円、中古車購入単価は過去最高の172.1万円に
2023年の中古車市場規模は3兆9062億円、中古車購入単価は過去最高の172.1万円に
@DIME
【最新モデル試乗】栄光のルノースポール最終車。ルノー・メガーヌR.S.ウルティムのレーシーな走りは味わう価値がある!
【最新モデル試乗】栄光のルノースポール最終車。ルノー・メガーヌR.S.ウルティムのレーシーな走りは味わう価値がある!
カー・アンド・ドライバー
1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?
1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?
くるまのニュース
グリルをハニカムパターンに変更してスポーティさを演出したアウディの新型「A6/A6 Avant/A7 Sportback」
グリルをハニカムパターンに変更してスポーティさを演出したアウディの新型「A6/A6 Avant/A7 Sportback」
@DIME
高齢者に新車を勧めるのは良いことか? 自動車ディーラーが抱える「道徳的ジレンマ」、事故の懸念が頭をよぎる
高齢者に新車を勧めるのは良いことか? 自動車ディーラーが抱える「道徳的ジレンマ」、事故の懸念が頭をよぎる
Merkmal
スズキ「Vストローム650」「Vストローム650XT」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
スズキ「Vストローム650」「Vストローム650XT」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
webオートバイ
やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?
やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?
ベストカーWeb
最高にカッコいい移動式ワンルーム! トヨタ ハイラックスがベースのキャンパー
最高にカッコいい移動式ワンルーム! トヨタ ハイラックスがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
1.8Lプリウスが燃費で圧倒!! コンパクトSUVトップは? WLTCモード燃費を偏差値で評価
1.8Lプリウスが燃費で圧倒!! コンパクトSUVトップは? WLTCモード燃費を偏差値で評価
ベストカーWeb
ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!
ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!
ベストカーWeb
ハッタリ? ホントは効果あり? ドリ車やヤン車のタイヤはなんでハの字になってるの?
ハッタリ? ホントは効果あり? ドリ車やヤン車のタイヤはなんでハの字になってるの?
ベストカーWeb
「冷えたバターを熱いナイフで切るような」とは、どんなシフトフィール?「アバルトの毒」は「跳ね馬」へのカウンターでした
「冷えたバターを熱いナイフで切るような」とは、どんなシフトフィール?「アバルトの毒」は「跳ね馬」へのカウンターでした
Auto Messe Web
BMW i5 詳細データテスト 乗り心地は硬め ハンドリングは良好 航続距離は物足りない
BMW i5 詳細データテスト 乗り心地は硬め ハンドリングは良好 航続距離は物足りない
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

2件
  • 記事は読んでませんがだいたいわかります
    この方はCOTYでアイオニックに満点入れたと評判の人ですね
    るーつもネット上では色々書かれているようで
  • 法人向けETCを除き、日本のETCシステムは利用者への課金を前提としています。
    台湾の方式は誰が運転していようと車の所有者に請求されますが、日本ではどんな車を運転していようが運転者へ請求されます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村