サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」控えめなブリスターフェンダールック、12Vマイルドハイブリッドに進化したアウディA4アバントの先進度

ここから本文です

「最新モデル試乗」控えめなブリスターフェンダールック、12Vマイルドハイブリッドに進化したアウディA4アバントの先進度

グレード構成一新。主力モデルは2リッターターボのマイルドハイブリッド仕様

 アウディA4の誕生は1994年。以来、四半世紀を超えてブランドを代表するセダン/ワゴンとして位置づけられてきた。現行5thモデルは2015年の夏に発表。2021年モデルは、モデルライフ中で最大級のリファインが施され魅力を鮮明にした。

「最新SUV試乗」ダイナミックな造形、精緻な作り、滑らかな電動フィール! アウディe-tronスポーツバックが提示した高級SUVの新たな価値

 メーカーはエクステリアの刷新を、「フルモデルチェンジにも匹敵」と紹介している。リファインは、通常のマイナーチェンジではまず手が加えられることがないドアパネルの造形にまで及ぶ。ボディサイズは全長×全幅×全高4760×1845×1435mm(アバント)。1845mmという全幅スペックが従来比プラス5mmとなっているのは、最新アウディ車の特徴、「フェンダー部のブリスター形状」が強調されたからだ。

 グレード構成も刷新された。Base(ベース)、advanced(アドバンスト)、Sline(Sライン)という基本3グレードと、ハイパフォーマンスのS4/S4アバントで構成。基本3グレードは、全車12Vマイルドハイブリッド仕様の2リッター直4ターボを積む。エンジンスペックはFFと4WD(クワトロ)で異なり、35TFSIを名乗るFFは150ps/270Nm。同45TFSIの4WDは249ps/370Nmを発揮。S4系のエンジンは3リッター・V6ターボ(354ps/500Nm)だ。

さらに磨きが掛かった静粛性。走りは上質、気持ちいい

 試乗車は、ステーションワゴンの、アバント35TFSIアドバンスト。35TFSIベースに対し、高機能化されたADAS(レーダー式のクルーズコントロールなど)を採用。さらに、「流れるウインカー」を含むLEDリアコンビネーションランプや3ゾーン化されたエアコンを装備したアップグレード版だ。駆動方式はFF、トランスミッションは7速DCTを組み合わせる。

 A4シリーズは上質な走りが定評。新型はもちろん好印象を踏襲する。パフォーマンスは十分。気持ちのいい走りが楽しめた。
「さらに磨きが掛かった」と感じられた点は、優れた静粛性。ただし、ロードノイズを含めた「暗騒音」が非常に低い関係か、減速時やコーナリング時に接地荷重が増したタイヤが発するパターンノイズが相対的に耳に付いた。また、セダンに比べると、低周波のドラミング傾向はやや強め。ルーフパネル面積が大きく、テールゲートを装備する影響だろう。

 フットワークの動きは基本的にしなやかで、これもA4の走りに上質さを加える大きな要因。ただし、タイヤ踏面の硬さが目立つ傾向もある。摩耗時などの交換に際しては、異なる銘柄を選択する判断もありそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します