サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまどきのクルマが「重くなった」は思い込みだった! 安全装備や電子デバイスが充実しても「変わらない」驚異的なメーカーの努力とは

ここから本文です

 燃費対策のためなんとか先代モデル同等に抑えている

 安全装備の充実、衝突安全の関係などでどんどん車両重量は増えている。自動車雑誌などでは、あたかも重量増が当たり前のように表現されていることが多い。はたして、それは事実なのだろうか。

究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

 たとえば、いま日本でもっとも売れているクルマ「トヨタ・ヤリス」を、そのルーツといえるヴィッツと比べてみよう。

 現行ヤリスの車両重量は、ガソリン車が940~1020kg、ハイブリッドは1060~1090kgとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ