サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日米欧自動運転トラックを試す!! |フルロード VoL.35 本日(12/10)発売

ここから本文です

日米欧自動運転トラックを試す!! |フルロード VoL.35 本日(12/10)発売

 自動車雑誌ナンバーワンのベストカーが自信をもってお送りするトラック情報誌! 

 特集日米欧の自動運転レベル2トラックの試乗企画、「電動化」「自動運転」技術の競演や、塵芥車ことゴミ収集車ニューモデルガイドなど、トラックの最新情報について詳しく紹介。

【過去最高販売!! 復権「D」の落とし穴に注意】初ディーゼル車で陥りがちなミス4選

日米欧自動運転レベル2トラックを一気に試乗!! 

三菱ふそう、 フレイトライナー・カスケディア、
メルセデス・ベンツ・アクトロスを一気に試乗!! 

 三菱ふそうトラック・バスが発表した大型トラック スーパーグレード2019年モデルに同社内喜連川研究所内のテストコースで試乗した。

 東京モーターショー会場で発表された新型は、国内の商用車で初めてSAE運転自動化レベル2の高度運転支援機能を搭載し、衝突被害軽減ブレーキも検知精度を高めた最新型へ進化した。

 今回の試乗はスーパーグレード2019年モデルと同じシステムを搭載したメルセデス・ベンツ・アクトロス、フレイトライナー・カスケディアに喜連川研究所にて試乗することが出来た。 試乗レポートを写真とともにお届けする。

東京モーターショーに登場したトラック

三菱ふそうトラック・バス

 三菱ふそうトラック・バスは、スーパーグレード2019年モデル、水素燃料電池搭載の次世代小型トラックなどを東京モーターショーにて発表した。

 今回、三菱ふそうは、「チャレンジ・ザ・チェンジズ」を出展テーマに掲げ、電動化と自動運転へ進む自動車業界の変革に挑戦する姿勢を示した。

 そして、東京モーターショーには三菱ふそう以外にも様々な自動車メーカーが出展した。いすゞ自動車、日野自動車、UDトラックスの出展内容から、現役ドライバーが気になるトラックを紹介する。

ゴミ収集車こと塵芥車ニューモデル登場

ゴミ収集車のニューモデルが登場!! 

 ゴミ収集車こと、塵芥車(じんかいしゃ) は、1950年代に初めて登場した。戦後復興から高度経済成長期にかけて飛躍的な進化を遂げ、現在も進化続けている。

 モリタエコノスは、塵芥車、 消防はしご車や消化器で有名なモリタグループの環境車両メーカーである。


 モリタエコノス塵芥車プレスマスターが約20年ぶりにフルモデルチェンジした。新型は、ひと目でモリタエコノスの塵芥車だとわかるスタイリッシュな外装デザインを採用しつつ、安全性、耐久性、使いやすさを追求したモデルとなっている。


 モリタエコノスのほかに、今回は極東開発工業、新明和工業から登場した塵芥車のニューモデル、各社の技術実験等を写真とともに詳しく紹介する。

UDトラックスが北海道にて自動運転実証実験を実施

UDトラックスが北海道にて自動運転実証実験を実施した様子をお届け。

 自動運転トラックの2020年の実用化・2030年までの量産化を目指すUDトラックスは、我が国初のレベル4自動運転大型トラックの実証実験を行った。

 東京モーターショーの出展に先駆けて行なわれた日本通運、ホクレン農業協同組合連合会と共同で行なった実証実験の様子をお届け。


書籍情報

フルロード VOL.35 表紙


雑誌名:ベストカーのトラックマガジンfullload(フルロード) VOL.35講談社ビーシー/講談社刊発売日:2019年 12月 10日判型 :A4判 定価 :1,200円(税別)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します