サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、2023年に向けて”フロントタイヤ強化”を予定。予想外のアンダーステア解消を目指す

ここから本文です

 2022年のレギュレーション変更により、大きく特性が変わったF1マシン。多くのドライバーがアンダーステアを訴えていることから、ピレリは2023年に向けてフロントタイヤのパフォーマンスを強化する予定のようだ。

 新世代のグラウンドエフェクト・カーは、これまでのマシンとは異なる空力コンセプトを持っており、特性も異なっている。

■ピレリ、フェルスタッペンとサインツJr.の接近戦にニッコリ「今年の目標がひとつクリアできた」

 そうした特性の変化に加え、安全対策を充実させたことによる重量増などもあり、今季のF1マシンは主に低速域でのアンダーステア傾向が強まってしまった。つまり、曲がりにくいマシンになってしまったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ