現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最もハイバランスなZR-V…飯田裕子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

ここから本文です

最もハイバランスなZR-V…飯田裕子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

掲載 更新 11
最もハイバランスなZR-V…飯田裕子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日に決定した。“イヤーカー”に選ばれたのは、トヨタ『プリウス』だった。選考委員の飯田裕子氏は、満点の10点をホンダ『ZR-V』に投票した。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された飯田氏のコメントだ。

デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】

☆☆☆

視界、運転のし易さ、パッケージング、快適性、アクティブ/パッシブセーフティ、環境性能。これらを軸に最もハイバランスのモデルを選んだ結果がZR-V。e:HEVの制御の洗練のみならずエンジンそのもののエモーショナルさにも「ホンダ車だ!」とくすぐられる。10ベスト試乗会でさらに好感度が上がった一台。スポーティ派、ファミリー、アウトドア派も脱ミニバン派もカバーできるホンダSUVの最高傑作かもしれません。

☆☆☆

飯田氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●スバル・クロストレック:2点
●ホンダZR-V:10点
●三菱デリカミニ:4点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(輸入車):BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産セレナ
●実行委員会特別賞:日本自動工業会

今年度のエントリーは、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全34モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により決定した。委員は10車種(10ベスト)のうち3車種に上位から10点、4点、2点配点し、最多得票の車がカー・オブ・ザ・イヤーになる。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが贈られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

部門賞として、秀でた内外装デザインを持つクルマにデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー、 革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマにテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーが与えられる。10ベストカーを対象に選考委員が部門毎に1点の持ち点を配点する。

実行委員会特別賞は、ジャパンモビリティショーの功績によって日本自動工業会に贈られた。

こんな記事も読まれています

ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
Auto Messe Web
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
AUTOSPORT web
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
AutoBild Japan
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
AUTOCAR JAPAN
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
AUTOSPORT web
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
AUTOSPORT web
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
レスポンス
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
AUTOSPORT web
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
くるまのニュース
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
レスポンス
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

11件
  • iq1********
    確かにプリウスは日和見だわ。カー・オブ・ザ・イヤーに選出された車で何年か後にも通用するかね。ブームで選出してる感じがする。
    勿論新型プリウスの2Lに500キロ程乗った事ある。
  • ※※※※※※※
    高いバランスってどういう意味ですか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村