サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国内自治体初となる公道での自律走行バス、茨城県境町で運行…SBドライブとマクニカが協力

ここから本文です
茨城県の境町は、SBドライブおよびマクニカの協力の下、2020年4月をめどに仏Navya社製の自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を定時・定路線で運行。自治体が国内で初めて自律走行バスを公道で実用化する。

境町は、SBドライブが保有するナンバー取得済みのNAVYA ARMAと、同社の自動運転車両運行プラットフォーム「ディスパッチャー」を活用して、町内の医療施設や郵便局、学校、銀行などをつなぐ往復5kmのルートで自律走行バスの運行を開始。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン