現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Bクラスをマイナーチェンジ。よりスポーティに、より快適に

ここから本文です

メルセデス・ベンツ Bクラスをマイナーチェンジ。よりスポーティに、より快適に

掲載 更新 10
メルセデス・ベンツ Bクラスをマイナーチェンジ。よりスポーティに、より快適に

2023年2月27日、メルセデス・ベンツ日本はマルチパーパスコンパクトの「Bクラス」をマイナーチェンジして発売を開始した。

内外装のデザインを刷新。スポーティ感を強める
Bクラスは、メルセデス・ベンツのCセグメントに属するコンパクト MPVだ。初代は2005年に発表(日本仕様は2006年に発売)され、現行型は2018年に発表(日本仕様は2019年に発売)された3代目にあたる。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回のマイナーチェンジでは、まずエクステリアデザインがスポーティに刷新された。ヘッドランプはシャープな印象を与えるデザインとし、オプションのAMGラインはマットクローム仕上げの小さなスリーポインテッドスターが無数に散りばめられたシングルルーバータイプの「スターパターンフロントグリル」を採用してスポーティなエクステリアを演出している(標準仕様はブラック仕上げ)。

リアビューもLEDテールランプを2ピース構造としてワイド感を強調。デイフューザーもスポーティで安定感のある新デザインとし、リアウインドー両端には空力性能を高めるスポイラーを装着した。

インテリアでは、新世代のステアリングホイール(AMGラインでは3本ツインスポーク)を採用。従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していた、ディスタンスアシスト/ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用した。これにより、ステアリングホイールにかかるトルクがなくとも、ドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、ディスタンスアシスト/ディストロニックの使い勝手を向上した。

また、センターコンソールに設置していたタッチパッドを廃止し、助手席前は新デザインのインテリアトリムに刷新して、スタイリッシュなインテリアデザインになった。

車両価格はアップしたものの、安全&快適装備の充実ぶりが光る
さらに、メルセデス・ベンツでは2020年代末までに、新車における乗用車1台あたりの全ライフサイクルにわたるCO2排出量を2020年比で少なくとも半減させることを実現すべく、そのための対策の1つとしてリサイクルから得られる原材料を採用している。そのため今回のBクラスでは、レザーARTICO/ファブリックのシート中央部には、100%リサイクルから得られた原料を使用したファブリックを採用している。

日本仕様のパワートレーンは、従来型に設定されていたプラグインハイブリッド車がフェードアウトし、1.4L 直4 ガソリンターボ(B180)と2L 直4 ディーゼルターボ(B200d)の2種類となった。トランスミッションは、B180が7速、B200dが8速のDCT。駆動方式は、いずれもFFのみ。

車両価格(税込)は、B180が537万円、B200dが573万円。従来型よりもB180は46万円、B200dは50万円の値上げとなっている。石油をはじめとした原材料費の高騰などの影響で、多くのインポーターや国産車メーカーもマイナーチェンジや一部改良のたびに車両価格は引き上げられているが、ユーザーにとってはなかなか厳しいところといえるだろう。

それでも最新世代の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や拡張現実ナビゲーション、アダプティブハイビームアシスト、アドバンストサウンドシステムなどを標準装備して充実させるなど、プライスアップに見合ったバリューがプラスされていることは確かだ。

メルセデス・ベンツ B200d<AMGラインパッケージ装着車> 主要諸元


●全長×全幅×全高:4430×1795×1550mm
●ホイールベース:2730mm
●車両重量:1560kg
●エンジン:直4 DOHC ディーゼル+ターボ
●総排気量:1949cc
●最高出力:110kW(150ps)/3400-4400rpm
●最大トルク:320Nm(32.6kgm)/1400-3200rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:軽油・43L
●WLTCモード燃費:18.8km/L
●タイヤサイズ:225/45R18
●車両価格(税込):573万円<AMGラインパッケージは+39万8000円>

[ アルバム : メルセデス・ベンツ Bクラス はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「アルファード」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? 「程よくスポーティ」な“エムズスピード仕様“価格公開
トヨタ新型「アルファード」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? 「程よくスポーティ」な“エムズスピード仕様“価格公開
くるまのニュース
不可能と言われた「防弾」EV テスラ・サイバートラック、ついに納車開始
不可能と言われた「防弾」EV テスラ・サイバートラック、ついに納車開始
AUTOCAR JAPAN
野尻智紀、集まったファンの前でF1ドライブ! レッドブル・ホンダRB16Bと岩佐歩夢駆るSF23がもてぎで共演
野尻智紀、集まったファンの前でF1ドライブ! レッドブル・ホンダRB16Bと岩佐歩夢駆るSF23がもてぎで共演
motorsport.com 日本版
「ネコだァァ!」 エンジン内に潜むヤツに注意! 乗る前「バンバン」はなぜ必要? “猫トラブル”避ける対策方法とは
「ネコだァァ!」 エンジン内に潜むヤツに注意! 乗る前「バンバン」はなぜ必要? “猫トラブル”避ける対策方法とは
くるまのニュース
新カラーリングが追加された「ダックス125」「CT125・ハンターカブ」「クロスカブ110」現在の納車状況や反響は?
新カラーリングが追加された「ダックス125」「CT125・ハンターカブ」「クロスカブ110」現在の納車状況や反響は?
バイクのニュース
直6搭載のメルセデスAMG『GT』登場か? 意外と違う、シンプルデザインをチェック!
直6搭載のメルセデスAMG『GT』登場か? 意外と違う、シンプルデザインをチェック!
レスポンス
すべてが凄すぎる! 伝説のスーパーカー マクラーレン「F1」 フロントガラスの交換が高額すぎると話題に
すべてが凄すぎる! 伝説のスーパーカー マクラーレン「F1」 フロントガラスの交換が高額すぎると話題に
VAGUE
昨年4勝、今年1勝。フェラーリF1代表「開幕前の期待値が高すぎた」と2024年に向けて気を引き締める
昨年4勝、今年1勝。フェラーリF1代表「開幕前の期待値が高すぎた」と2024年に向けて気を引き締める
motorsport.com 日本版
新型「ランクル70」に「謎のフタ」出現!? 再販時はなかったのに… 黒くて四角い「ゴツいフタ」の正体とは
新型「ランクル70」に「謎のフタ」出現!? 再販時はなかったのに… 黒くて四角い「ゴツいフタ」の正体とは
くるまのニュース
クラッシュからのSSトップタイム!! そこにあった裏話とは? ラリージャパンを終えた勝田貴元選手の想い
クラッシュからのSSトップタイム!! そこにあった裏話とは? ラリージャパンを終えた勝田貴元選手の想い
ベストカーWeb
ZXR風の特別カラー「ニンジャZX-4RR 40th Anniversary Edition」が12月に117万7000円で発売!専用の緑色ホイール、専用ロゴにも注目
ZXR風の特別カラー「ニンジャZX-4RR 40th Anniversary Edition」が12月に117万7000円で発売!専用の緑色ホイール、専用ロゴにも注目
モーサイ
【休暇旅行に最適な場所27選】城とワインと秋の陽光 ドイツで最も美しい山と川の地域を巡る
【休暇旅行に最適な場所27選】城とワインと秋の陽光 ドイツで最も美しい山と川の地域を巡る
AutoBild Japan
「生活保護受給者」は運転すべきでない? そもそも自動車は贅沢品か? ネットに渦巻く“終わりなき議論”を考える
「生活保護受給者」は運転すべきでない? そもそも自動車は贅沢品か? ネットに渦巻く“終わりなき議論”を考える
Merkmal
日産『スカイライン』次期型に新たなスクープ情報、担当者「大・歓・喜」
日産『スカイライン』次期型に新たなスクープ情報、担当者「大・歓・喜」
レスポンス
「ベネリ、モンディアル、ファンティック」名門イタリアンブランドの最新モデルに注目! EICMA2023レポート
「ベネリ、モンディアル、ファンティック」名門イタリアンブランドの最新モデルに注目! EICMA2023レポート
モーサイ
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
くるまのニュース
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
バイクのニュース
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
レスポンス

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

537.0573.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0558.0万円

中古車を検索
Bクラスの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

537.0573.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0558.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村