サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダのSKYACTIV-Xは標準ガソリン車の68万円アップ。それが割高に感じてしまうのはなぜか?

ここから本文です

マツダのSKYACTIV-Xは標準ガソリン車の68万円アップ。それが割高に感じてしまうのはなぜか?

同じ国産Cセグメントのプリウスならプラス65万円でプラグインハイブリッドになる!

マツダのクロスオーバーSUV「CX-30」に、同社独自の燃焼技術「SPCCI」を採用したSKYACTIV-Xエンジンを搭載したグレードが追加設定されています。すでにCセグメントのハッチバック/セダンである「MAZDA3」にも搭載されていますが、ガソリンエンジンの気持ちのいい回り方と、ディーゼルエンジンのトルク感を両立したまったく新しいエンジンとして玄人筋には評価の高いエンジンといった位置付けといえます。

【アクセラ スイスポ エクストレイル…】コスパ超絶抜群の狙い目「先代車」4選

その一方で、メカニズムにこだわりのないユーザーからはSKYACTIV-Xは他のエンジンに対して価格差が大きいという声もあります。CX-30を例に、それぞれ装備の充実した「Lパッケージ」のFFでメーカー希望小売価格を比較すると、2.0Lガソリン車は279万4000円、1.8Lディーゼルが306万9000円、そしてSKYACTIV-X搭載車は347万7100円となっています。2.0Lガソリン車とSKYACTIV-Xの価格差は68万3100円となっていますMAZDA3でも同様に比べたときの価格差は68万2408円。いずれにしても、SKYACTIV-Xは68万円相当の価値があるということをマツダの値付けは示しています。

エンジン単体で見ると、SKYACTIV-Xには機械式ブロワーが備わっていますし、燃料系も高圧のシステムとなっているなど非常に凝った内容ですからコストのかかったエンジンであることは理解できます。また、ISGを使った24Vのマイルドハイブリッドシステムも併用していますから、価格差は納得できる部分もあります。とはいえ、68万円という価格差には二の足を踏んでしまうというファンも少なくないことでしょう。

Cセグメントのモデルでパワートレインによって60万円の差が生まれてしまうのは妥当なのでしょうか。まったくカテゴリーもメカニズムも異なるので単純比較するのは難しいですが、一例としてトヨタ・プリウスのメカニズムによる価格差を見てみましょう。プリウスには標準車に加えて、プラグインハイブリッドのプリウスPHVがラインナップしています。PHVのほうは外部充電によって55.2~68.2kmを電気だけで走行することができるだけのバッテリーが搭載されています。さらに外観でも差別化されています。当然、価格はPHVのほうが高くなりますが、「Aプレミアム」というグレードで比較するとプリウスは323万4000円、プリウスPHVは388万5200円。その価格差は65万1200円となっています。SKYACTIV-Xは、プラグインハイブリッド化でバッテリーを増やすよりもコストのかかったパワートレインといえます。

まったく新しいSPCCIエンジンを体験できるというのは他に比べるものがない状態ですから、こうして価格差を比較したところでナンセンスといえますが、一般ユーザーが60万円以上の価格差を納得できるベネフィットがあるかといえば疑問です。実際、CX-30のWLTCモード燃費をパワートレインごとに比べると、ガソリン車が15.4km/L、ディーゼル車が19.2km/L、SKYACTIV-Xは16.8km/Lです(いずれもFF・6AT)。単純にランニングコストでいえばディーゼルを買う方がベターといえますし、ガソリン車と比べても68万円相当のテクノロジーを投入したことに納得できる燃費性能差かといえば疑問でしょう。ドライブフィーリングの新しさや最新テクノロジーを所有することに魅力を感じるタイプのオーナーならまだしも、多くのユーザーにとっては価格差を納得できる性能差とは感じられない数字といえます。だからこそ割高感を指摘する声があがるのでしょう。

ちなみに、通常のガソリン車とディーゼル車の価格差についてはそうした声はあまり耳にしません。今回、例に挙げたCX-30でいうとガソリン車とディーゼル車の価格差は27万5000円。同じCセグメントでいうと、VWゴルフのガソリン車(TSIコンフォート)が285万円、ディーゼル車(TDIコンフォート)が323万円で、その価格差は38万円もありますから、マツダの設定している価格差はむしろオトクに感じるほどでしょう。だからこそ、SKYACTIV-Xの割高感が気になってしまうという面もありそうです。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します