サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > イタリアGP2位のランド・ノリス、僚友リカルドへの“アタック控え”にフェルスタッペン&ハミルトン事故の影響

ここから本文です

 F1第14戦イタリアGPで、マクラーレンは2010年のカナダGP以来となるワンツーフィニッシュを達成。ダニエル・リカルドが優勝し、ランド・ノリスが2位を獲得した。

 ノリスはレース後、チームにとって歴史的な偉業の一部となれたことが「信じられない」と語る一方で、どうすれば彼自身が優勝を手にできるかを考えていたと認めている。

■リカルド、歓喜のメモリアル・ウィンに胸いっぱい「今回ばかりは言葉が出てこない」

 しかしレース中盤に、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)がクラッシュし、両者がリタイアとなった顛末を目にしたことで、先頭を走るチームメイトへのアタックを思いとどまったのだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ