現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーチン、F1開幕戦ストロール出場不可の場合はドルゴビッチが代役と明言。ベッテル電撃復帰の可能性は消滅?

ここから本文です

アストンマーチン、F1開幕戦ストロール出場不可の場合はドルゴビッチが代役と明言。ベッテル電撃復帰の可能性は消滅?

掲載
アストンマーチン、F1開幕戦ストロール出場不可の場合はドルゴビッチが代役と明言。ベッテル電撃復帰の可能性は消滅?

 3月5日に行なわれるF1開幕戦バーレーンGPを前に、所属ドライバーのランス・ストロールが自転車事故で負傷するというアクシデントに見舞われたアストンマーチン。彼らはストロールの出場を第一に考えているが、万が一欠場となる場合はフェリペ・ドルゴビッチが代役出場するという。

 開幕戦のレースウィークまで1週間を切ったが、アストンマーチンはバーレーンに向けてストロールに“全てのチャンス”を与えるとしており、出場可否の決定はギリギリまでずれ込む可能性がある。例えばストロールをFP1に参加させ、パフォーマンスが思わしくない場合は交代……というシナリオもあるかもしれない。

■アストンマーチンが来るぞ! ライバルがアタックする中淡々とロングラン……デグラデーションゼロの印象的ペース:F1分析バーレーンテスト最終日編

 とはいえまずストロールにとって最初のステップとなるのはシルバーストンのファクトリーにあるシミュレータでの走行だろう。ここで彼の回復具合をチェックすることになるはずだ。

 アストンマーチンはこの件について、Twitterでこう表明している。

「チームはランスが怪我から回復するまで、レース出場の為のあらゆるチャンスを提供し続ける。もし出場できる状態ではない場合は、フェリペがフェルナンドと共にAMR23をドライブすることになるだろう」

 アストンマーチンは基本的にストロール出場を前提に準備を進めていくことになるが、昨年のF2王者であるリザーブドライバーのドルゴビッチも高く評価している。チーム代表のマイク・クラックは、代役としてプレシーズンテストに参加したドルゴビッチを次のように評していた。

「フェリペは良い仕事をした」

「彼にとってあらゆることが初めてであったことを忘れてはならない。彼は内省的で落ち着いた人間で、彼のアプローチもそこに基づいている。だから全てを簡単にやってのけた」

「彼はブラジル人なのに、なぜあんなに冷静なのか驚いているよ(笑)。彼は良くやっていたし、初日は着実に仕事をこなしながら我々の要求を完璧にこなしてくれた」

「また今日(テスト最終日)も、ホイールロックをしたりコーナーのエイペックスを逃すようなこともなかった。彼の仕事ぶりにはとても満足している」

 またベテランのアロンソも、ドルゴビッチの走行距離の少なさはネックになるだろうとしつつも、ルーキーの能力を肯定的に評価した。

「僕ですら周回数や走行距離が足りないと感じているのに、フェリペにとってはどれだけ大変なことをしているのか想像もつかない」

「でも彼は才能あるドライバーだ。ここバーレーンでもうまく適応していたし、すぐに良いペースで走ってロングランも良かった。だから彼がレースをすることになれば良い仕事をしてくれるだろう」

 なお、今回のアストンの決定はあくまで開幕戦に関するもの。もしストロールの怪我の回復が思わしくなく、第2戦サウジアラビアGPでも欠場を余儀無くされる場合は、ドルゴビッチではなく同じくリザーブドライバーのストフェル・バンドーンが代役に選ばれる可能性もある。

 もっと言えば、クラック代表はサウジアラビアでセバスチャン・ベッテルを走らせる可能性を完全には否定していない。ベッテルは昨年限りでF1から引退したが、彼の電撃的なF1復帰が100%閉ざされた訳ではなさそうだ。サウジアラビアでベッテル×アロンソというレジェンドコンビが実現すれば、同国石油企業のアラムコを主要スポンサーに持つアストンマーチンにとってはこれ以上ないPRとなる。

こんな記事も読まれています

ペットの「だ液汚れクリーナー」やニオイ消しを展開するクリンビュー…カーケア用品のノウハウ×安全性強みに
ペットの「だ液汚れクリーナー」やニオイ消しを展開するクリンビュー…カーケア用品のノウハウ×安全性強みに
レスポンス
全長4.9m! トヨタが新型「ランドクルーザー70」発売! 最強すぎる斬新「カスタム仕様」も世界初公開! めちゃカッコいい魅力的な「オプションパーツ」とは
全長4.9m! トヨタが新型「ランドクルーザー70」発売! 最強すぎる斬新「カスタム仕様」も世界初公開! めちゃカッコいい魅力的な「オプションパーツ」とは
くるまのニュース
純正ディスプレイオーディオから交換、アルパインがアルファード/ヴェルファイア専用の大画面カーナビ「ビッグX 11アップグレード」を発表
純正ディスプレイオーディオから交換、アルパインがアルファード/ヴェルファイア専用の大画面カーナビ「ビッグX 11アップグレード」を発表
レスポンス
WEC参戦前に仲違い? イソッタ・フラスキーニ、ベクターからデュケインに鞍替えしてハイパーカークラスへ
WEC参戦前に仲違い? イソッタ・フラスキーニ、ベクターからデュケインに鞍替えしてハイパーカークラスへ
motorsport.com 日本版
PONOS RACING、2024年スーパーGT参戦を発表。車両は296 GT3、コッツォリーノの相方はフェラーリの女性ファクトリードライバーに
PONOS RACING、2024年スーパーGT参戦を発表。車両は296 GT3、コッツォリーノの相方はフェラーリの女性ファクトリードライバーに
motorsport.com 日本版
トヨタが米国で「タコマ」の2024年モデルを発表! 最大278馬力の2.4Lターボエンジン搭載でパワーアップ
トヨタが米国で「タコマ」の2024年モデルを発表! 最大278馬力の2.4Lターボエンジン搭載でパワーアップ
バイクのニュース
ホンダが世界に1台しかない「激レアSUV」実車展示! 24年に日本で発売!? 新型「CR-V FCEV」お披露目!
ホンダが世界に1台しかない「激レアSUV」実車展示! 24年に日本で発売!? 新型「CR-V FCEV」お披露目!
くるまのニュース
メルセデスベンツ GLC 新型にPHEVを追加、EV航続は118km
メルセデスベンツ GLC 新型にPHEVを追加、EV航続は118km
レスポンス
ポルシェ新型「パナメーラ」世界初公開 3代目となる新型GTスポーツセダンはどう進化!?
ポルシェ新型「パナメーラ」世界初公開 3代目となる新型GTスポーツセダンはどう進化!?
VAGUE
北海道へ冒険ラリーに出かけよう! 白銀の世界を堪能する「シバレルラリー2024」のプレエントリーの受付が開始しました
北海道へ冒険ラリーに出かけよう! 白銀の世界を堪能する「シバレルラリー2024」のプレエントリーの受付が開始しました
Auto Messe Web
MTにもアイサイト! 新型GR86&BRZ改良注目ポイント
MTにもアイサイト! 新型GR86&BRZ改良注目ポイント
グーネット
最新の電動モデルを見て、触って、乗れる「EV&SDGsフェア2023 in 六本木ヒルズアリーナ」へ実際に行ってみた
最新の電動モデルを見て、触って、乗れる「EV&SDGsフェア2023 in 六本木ヒルズアリーナ」へ実際に行ってみた
Webモーターマガジン
マツダ「ロータリーエンジン車」が11年ぶりに復活! 「RX-8」以来の「ロータリーサウンド」はどう違う!?
マツダ「ロータリーエンジン車」が11年ぶりに復活! 「RX-8」以来の「ロータリーサウンド」はどう違う!?
くるまのニュース
【トヨタ ランドクルーザー70】伝統を継承しつつ大幅進化、480万円で再販開始
【トヨタ ランドクルーザー70】伝統を継承しつつ大幅進化、480万円で再販開始
レスポンス
小ささがウリだけど小さすぎると売れない!? 名車の称号は得ても販売で苦戦した「2ドアハッチ軽自動車」3台
小ささがウリだけど小さすぎると売れない!? 名車の称号は得ても販売で苦戦した「2ドアハッチ軽自動車」3台
WEB CARTOP
よりスタイリッシュに生まれ変わった新型GLCクーペ|Mercedes Benz
よりスタイリッシュに生まれ変わった新型GLCクーペ|Mercedes Benz
OPENERS
往年の名車「ランドクルーザー70」ついに“再々販”開始 「ずっと売り続けてくれ」に応え8年ぶり日本復活
往年の名車「ランドクルーザー70」ついに“再々販”開始 「ずっと売り続けてくれ」に応え8年ぶり日本復活
乗りものニュース
トラックは走るべからず!? 複数車線の一般道にある「環境レーン」って何?
トラックは走るべからず!? 複数車線の一般道にある「環境レーン」って何?
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村