サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ムジェロでの初走行に期待膨らませるF1ドライバーたち。その一方で「絶対身体にキツい!」との声も

ここから本文です

ムジェロでの初走行に期待膨らませるF1ドライバーたち。その一方で「絶対身体にキツい!」との声も

ムジェロでの初走行に期待膨らませるF1ドライバーたち。その一方で「絶対身体にキツい!」との声も

 新型コロナウイルス流行の影響で、開催カレンダーが大きく変更された2020年のF1。フライアウェイ戦が軒並みキャンセルされたことで、イタリアのムジェロ・サーキットで行なわれるトスカーナGPが追加されたが、そこでの走行は全てのドライバーにとって未知の領域である。

 ムジェロは主に2輪ロードレースでは頻繁に使用されてきたサーキットであり、MotoGPイタリアGPの舞台として広く知られている。また、4輪のジュニアカテゴリーでもレースが行なわれてきたが、F1のレースが開催されるのは今回が初めてだ。

■F1初開催のムジェロは“超エキサイティング”? 5G超えが予想されるコーナーも

 現在F1に参戦している20人のドライバーの中にも、ムジェロでのレース経験があるドライバーは数人いるが、ジュニアカテゴリーでの経験がF1のレースに向けて十分な準備になるとは言い難い。

「僕は2014年に一度だけ、フォーミュラルノーでここを走ったことがあるんだ」

 そう語るのは、ウイリアムズのジョージ・ラッセルだ。

「信じられないようなサーキットだ。高速で、流れるようにコーナーを曲がるから、フィジカル的には相当厳しいだろう。ターン6、7、8、そして9までは7速全開になると思う」

「アラビアータ(ターン8、9)は楽に全開で行けると思う。その前のカサノバ、サヴェッリは難しいと思うけど、全開で行けるといいね」

「誰が最初に(全開で)行けるか勝負するんだ。結果は日曜に言うよ」

 マクラーレンのランド・ノリスも、ムジェロでレースをした経験のあるひとりだ。しかしながら彼は、F4でのレース経験で得られるメリットはないと考えている。

「メリットは何もないと思う。かなり前のことだし、マシンも全く違うからね」とノリスは言う。

「あれからコースは若干変わってしまった。多くのコーナーで路面にキャンバーがついていたと思うけど、それすら思い出せないよ」

「優れたシミュレータを使っているんだけど、ムジェロでレースがあることを知ったのがかなり遅かったので、いつも行くサーキットほど(データが)完璧で最新のものではなかったかもしれない」

「でもシミュレータで走ることによって、ムジェロのようなコースで何をするべきなのかを十分に理解することができている」

「このコースはF1マシンの純粋なパフォーマンスと、中速、高速コーナーでの速さ、そしてドライバーとしての限界を示してくれると思う」

「肉体的にはとてもタフなコースだと思う」

 レッドブルのアレクサンダー・アルボンも、ムジェロは肉体的に厳しいレースになるという意見に同調した。

「ドライバーにとっては、おそらく今年最も肉体的に厳しいコースだと思う」とアルボン。

「一番低いギヤが4速になると思う。楽しいと思うけど、特に首には(負担を)感じるだろうね」

「とてもクールなサーキットだし、歴史ある昔ながらのサーキットを走るのは良いことだ。新しいサーキットにない個性を持っている。だから(ムジェロでのレースには)賛成だ」

 また、ルノーのダニエル・リカルドは、コースの習熟はシミュレータに頼らざるを得なかったと話したが、金曜のFP1での初走行に向けてワクワクしているという。

「フリー走行ではたくさん時間があるから、急ぐ必要はないよ」とリカルドは語った。

「FP1で“ヒーロー”になる必要はないんだ。とにかくヘマをしてはいけない」

「新しいサーキットを走るにあたって、そこが罠になる。みんないきなり速く走りたいんだ。それが楽しいからね」

「金曜のフリー走行に向けてこんなにワクワクしたことはないよ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します