サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「MT-09」やスズキ「Vストローム1000」の初代モデルが登場【日本バイク100年史 Vol.123】(2014年)<Webアルバム>

ここから本文です

ヤマハ「MT-09」やスズキ「Vストローム1000」の初代モデルが登場【日本バイク100年史 Vol.123】(2014年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ヤマハ MT-09/ABS 2014 年4 月
ロードスポーツとモタードが融合したような独特のスタイル、パワフルな3気筒エンジン、軽量コンパクトさを活かした切れ味鋭い走りで注目のMT-09の待望の国内仕様。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売はいつ? 値段はいくら?

ホンダ VFR800F 2014 年 4月
フレームは先代VFRがベースだが、サイドに配置されていたラジエターをエンジン前に移すことで実現されたシャープなフルカウルで大幅にイメージチェンジ。ハイパーVTEC機構を備えるV4エンジンも吸気系の改良で力強さを増し、トラクションコントロールも装備。この国内仕様は受注生産モデルで、ETC車載器とグリップヒーターを標準装備。

スズキ Vストローム1000 ABS 2014 年 6月
新型Vストローム1000の国内仕様。「乗って楽しいスポーツ・アドベンチャーツアラー」をコンセプトに、排気量拡大などでフレキシブルになった水冷Vツインを、新設計された扱いやすいサイズの車体にマウント。トラクションコントロールもスズキ車として初搭載している。

ホンダ CB1100/EX 2014 年2月
CB1100が大幅にモデルチェンジ、6速ミッションが新たに採用された。EXは大容量燃料タンクとスポークホイールでクラシカルなイメージを強調。

ホンダ CTX1300 2014 年2月
「快適技術の体感」を目指すCTXシリーズのフラッグシップ。個性的なカウルは快適性も高く、足着き性も良好な車体には強力な水冷V4を積む。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します