サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ホンダ・ZE2/3型後期インサイト(2011年10月~2014年3月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記

ここから本文です

ホンダ・ZE2/3型後期インサイト(2011年10月~2014年3月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車試乗記

プラス200CCで余裕の走り

HONDA/INSIGHT
ホンダ/インサイト(ZE2/3型後期) 2011年10月マイナーチェンジ

現地で妄想エアロ。スバル・レヴォーグ・コンセプト × K2 ギア|コダワリのフェンダーラインにダブルスリットを入れ込めるのか!?【東京モーターショー2019】

先に敢行されたマイチェンによってインサイトの商品力は大幅に高められた。

運転席に乗り込んだだけでデビュー当初に感じたどこなくチープな雰囲気が払拭されたことが判る。特にマイチェンを機に登場したエクスクルーシブは、はじめからこれだったらかなり評価も違ったはずと思わせるほどだ。

走りに関しても、というかクルマ全体の満足度としてもエクスクルーシブの方が、これから先のインサイトというクルマの立ち位置を明快にしている気がする。

というのも、いまやフィットや同シャトル、フリードでもHVが選べるようになった。「HVに乗ろうと思うんだけどインサイトがイイ? プリウスがイイ?」そんな時代も瞬く間に過ぎ去った。

そうなると燃費性能や実用性、価格などとはまた違ったところでも自らの魅力をアピール出来なければ厳しい。

その点エクスクルーシブは、従来からの1.3ℓ+IMAではなく、CR-Zと同タイプの1.5ℓエンジン+IMAを搭載したこともあり、1.3ℓ車に比べて明らかに走りのグレード感に勝る。

そしてこの乗り味はフィットHVなど、同社の他のHVでは得られないインサイトだけの持ち味になっている。


【SPECIFICATION】
■INSIGHT EXCLUSIVE XL=駆動方式:FF、トランスミッション:CVT、全長×全幅×全高:4395×1695×1435mm、室内長×幅×高:1935×1430×1150mm、車両重量:
1210kg、乗車定員:5名、最小回転半径:5.0m、エンジン型式:LEA型直4SOHC、総排気量:1496cc、エンジン最高出力:82kW(111ps)/6000rpm、エンジン最大トルク:
142Nm(14.5kgf-m)/4800rpm、使用燃料種類・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・40ℓ、モーター形式:LEA-MF6、モーター最高出力:10kW(14ps)/1500rpm、モー
ター最大トルク:78Nm(8.0 kgf-m)/1000rpm、JC08モード燃料消費率:23.2km/ℓ、10・15モード燃料消費率26.5km/ℓ、タイヤサイズ:185/60R15、価格:225万円

Modulo/モデューロ
新たに、前回の東京オートサロンに出展されたコンセプトカーからフィードバックした「ロアスカート・フロント」「ロアスカート・リア」エクスクリーシブ専用としてラインアップ。「LEDフロントアクセサリーライト」も用意した。


※記事の内容、価格、スペック等は2011年10月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

※スタイルワゴン2012年1月号より

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します