サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【1万円札が使えない!】コインパーキング、なぜ「1000円札のみ」が多い? 背景にコスト/おつり

ここから本文です

【1万円札が使えない!】コインパーキング、なぜ「1000円札のみ」が多い? 背景にコスト/おつり

高額紙幣を使える精算機 コストも割高

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

【画像】みずから駐車するクルマが増加 自動駐車の図【詳細】 全6枚

街中には、時間貸し駐車場がたくさん用意されている。古い建物が取り壊され、跡地が時間貸し駐車場として活用されるケースも多い。

読者諸兄も利用されることがあると思う。

この時に困るのが高額紙幣の対応だ。1万円札や5000円札を使えず、1000円札に限られる精算機も多い。

これがけっこう不便だ。

両替するとしても、周囲にある飲み物の自動販売機は高額紙幣に対応していない。夜間ともなれば、両替のために、24時間営業のコンビニエンスストアを探さねばならない。

そこで駐車場の精算機を製造するメーカーに、高額紙幣に対応していない理由を尋ねた。

高額紙幣に対応していない理由 聞いてみた

「街中の駐車場の精算機が高額紙幣に対応していない理由は、精算機のコストが高いからです。読み取る紙幣が増えるほど、精算機も高価格になります」というものであった。

確かに精算機のラインナップを見ると、紙幣の読み取り機能が1000円に限られるタイプが多い。2000円札、5000円札、1万円札の取り扱いがオプションになっている機種もある。

またクレジットカードの決済に対応しながら、高額紙幣を使えないタイプも見られる。

このように高額紙幣を扱うには、紙幣の読み取り性能を高める必要があり、精算機も高価格になるから1000円札しか扱えないタイプが普及した。

高額紙幣の利用、多額のおつりが必要

1万円札といった高額紙幣の利用を可能とするには、精算機が常に多額のおつりを用意しておく必要もある。

1000円までしか使えないなら、おつりは500円以下の硬貨だけを備えれば良いが、1万円に対応するには1000円札を大量に貯めておかねばならない。

利用者の多い地域なら、5000円札や1万円札の入金が増えても、その都度1000円札を出金することが可能だろう。

しかし昼間の駐車料金が1時間あたり300円、夜間が100円といった駐車場では、10台分のスペースが常に満車になっていても1日に4~5万円しか徴収できない。

この入金で1万円札に対応すれば、売り上げ金額に対して過剰なおつりが求められる。

仮に1万円札で入金する利用者のために、精算機が常に1000円札を何枚も用意しておくと、盗難に見舞われた時のリスクも高まる。

そうなると使える紙幣を1000円札に限り、支払われた駐車料金以外はなるべく貯めないようにするのが安全だ。

1万円札が使えると便利なのは確かだが、時間貸し駐車場では、2時間駐車して600円から800円の利用パターンが多いだろう。

そこに1万円札を入れて9000円以上のおつりを受け取れるようにするのは、サービスとしては難しそうだ。

その意味ではクレジットカードに対応しているとユーザーの利便性が高まる。最近はSuicaやPASMOを使える駐車場も増えており、小銭を持っていない時でも使える工夫が見られる。

1時間あたりの駐車料金 どうやって決める

時間貸し駐車場には、高額紙幣を使いにくいこと以外にも、不思議な点がいくつかある。一番気になるのは時間あたりの料金だ。

20分/100円ならば1時間駐車して300円だが、場所によっては20分/500円で、1時間駐車すると1500円といった料金も見られる。

しかも同じ地域なのに、場所によって料金に格差がある。夜間などに割安に使える最大駐車料金も、指定されていたり、常に同じ金額だったりする。

このあたりを駐車場を運営する大手企業に尋ねた。

「駐車料金の設定は、地域による違いが大きいです。幹線道路を1本隔てただけで、駐車料金の設定が変わる場合もあります」

「料金はそれぞれの地域の特性、つまり借りている土地の相場、周囲の駐車場料金、お客様が使われる頻度などによって異なります。最大駐車料金の時間設定や金額も同様です」

「これらは必要に応じて見直しを行っています」という。

時間貸し駐車場の多くは、地主と駐車場を運営する会社の賃貸借契約に基づいて成り立つ。運営会社は地主に賃料を支払っているから、その金額が高ければ、時間貸しの駐車料金も上昇する。

繁華街の飲食店が概して高めの価格設定になっているのと同様の理由だ。

百貨店の駐車場を使うとオトク?

また、時間貸し駐車場の台数規模が、利用者の数を上まわる地域では、料金を高く設定したら使ってもらえない。

周囲の駐車場が増えたり、あるいは減ったことで、駐車料金を見直すこともあるだろう。

駐車場の近隣に大型オフィスビルができて、来客用の駐車スペースが不足していれば、利用者が増えるから値上げもしやすい。

そうなるとクルマで出かけて都市部の時間貸し駐車場を利用する時は注意が必要だ。

どこも満車で焦り、ようやく空いているスペースを見つけて駐車したところ、10分で400円/1時間あたり2400円! という法外ともいえる料金を請求されてビックリしたことがある。

時間に多少余裕がある時は、目的地付近にある百貨店の駐車場を使うとオトクだ。

例えば5000円以上の買い物をすると2時間無料になる場合、百貨店の駐車場にクルマを駐車したら用事を済ませ、5000円分の商品券を購入する。そこで2時間の駐車券を入手できる。

この商品券は、次に買い物に出かけた時に使う。そこでまた5000円分の商品を買えば2時間の駐車券が手に入るから、商品券の使用で駐車時間を2倍に増やせるわけだ。

その半分を買い物以外の用事に充てればオトクだろう。

それにしても、外出先の駐車料金が高いと、クルマで出かけるのが嫌になってしまう。

昨今の時間貸し駐車料金の高騰も、クルマの販売減少の一因になっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します