サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田社長「空のモビリティ事業にチャレンジ」 トヨタが約430億円を“空飛ぶタクシー”eVTOL開発会社に出資、生産ノウハウも提供

ここから本文です

 トヨタ自動車は2020年01月16日、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を行う海外企業「Joby Aviation」に、約430億円の出資を行うと発表しました。

 トヨタが出資するJoby Aviationは、空飛ぶタクシーの実現に向けて研究開発を行っている企業。2014年にはCGを使ったイメージ映像を公開しています。

うぉぉ今すぐ予約できる!? 夢の空飛ぶSFバイク「Speeder」が市販化、お値段たったの4200万円

 今回の協業発表にあわせて公開されたeVTOLは、2014年の映像で披露したCGモデルを踏襲したデザインとなっており、可変式プロペラを6基搭載したモデルとなっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン