サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SUV全盛のいまでも北米で生き残る日本のセダン! フォードは撤退するも「売れる」トヨタ&ホンダの戦略

ここから本文です

SUV全盛のいまでも北米で生き残る日本のセダン! フォードは撤退するも「売れる」トヨタ&ホンダの戦略

 アメリカのクルマの「ド真ん中」に大きな変化

 アメ車と聞いて、あなたはどんなクルマをイメージするだろうか。V8エンジンを轟かせるシェルビーチューンのマスタングや、HEMIエンジン搭載のダッジ・チャレンジャーだろうか。それとも、日本でもすっかりお馴染みとなったSUVの本家本元として、シボレー・サバーバンなどのフルサイズSUVかもしれない。

外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

 ところがアメリカ人にとって、アメリカで販売されているクルマのド真ん中にあるのは、長年に渡りC/Dセグメントセダンであった。

 Cセグメント、Dセグメントとは、グローバルで見ると中型、または中型よりやや大きい乗用車に属する区分である。

 これらふたつのセグメントへの対応車種は、90年代以降には車体やエンジン・トランスミッションを共通するモデルが多いことから、自動車メーカー各社は車両開発の内部資料などでC/Dセグメントという表記を使うようになった。

 とくにアメリカのC/Dセグメントは、市場でもっとも数多く売れる、いわゆるボリュームゾーンとされてきた。

 具体的なモデル名を挙げると、90年代は、トヨタ・カローラ、カムリ、ホンダ・シビック、アコード、フォード・フォーカス、トーラスが人気だった。こうしたアメリカ市場での常識が2000年代に入ると大きく変化した。SUV市場の拡大である。

 アメリカでもっとも売れているのはフォードFシリーズ

 そもそもは、90年代中盤から後半に始まった、Jeepチェロキー、シボレー・タホ、サバーバン、フォード・エクスプローラーなどの乗用での使用の拡大と、フォードF150、シボレーC/K1500(当時)、ダッジ・ラム1500(当時)などフルサイズピックアップトラックで乗用・実務用の兼用が、のちのSUVシフトのきっかけだ。

 当初は、SUVシフト拡大はフルサイズとミッドサイズが中心であり、C/Dセグメントセダンへの影響はあまり強くなかった。

 ところが2010年代になると、C/Dセグメントセダンから、同じプラットフォームを持つコンパクトSUVへの大幅なシフトが一気に進んだ。

 そうしたなか、フォードは2018年にC/Dセグメントセダンからの撤退を発表し、経営資源をフルサイズピックアップトラックのFシリーズや、各種SUVに集約させる戦略に出た。

 一方、トヨタ、ホンダ、日産、マツダなど日系メーカーは、C/Dセグメントセダンの販売数が減少傾向となっても、一定水準の販売台数をキープしつつ、コンパクトSUV重視という二兎を追う戦略を維持しているのが現状だ。

 ちなみに、2020年アメリカ市場でのモデル別販売台数ランキングTOP20は以下のとおりだ。

 1位:フォードFシリーズ 2位:シボレー・シルバラード 3位:ラム・トラック 4位:トヨタRAV4 5位:ホンダCR-V 6位:トヨタ・カムリ 7位:シボレー・エキノックス 8位:ホンダ・シビック 9位:GMCシエラ 10位:トヨタ・タコマ 11位:トヨタ・カローラ 12位:日産ローグ 13位:フォード・エクスプローラー 14位:トヨタ・ハイランダー 15位:Jeepグランドチェロキー 16位:テスラ・モデル3 17位:Jeepラングラー 18位:ホンダ・アコード 19位:フォード・エスケープ 20位:スバル・フォレスター

 と続く。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します