サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ヤマハとの契約延長は「簡単じゃなかった」。ビニャーレス、移籍も選択肢だったと明かす

ここから本文です

 2020年1月、ヤマハはマーベリック・ビニャーレスとの2年間の契約延長を発表。2021年からのファビオ・クアルタラロの起用も発表し、早くも来季のライダーラインアップを固めた。

 ビニャーレスとヤマハの契約は2020年末に満期を迎える予定で、2021年シーズンはドゥカティが獲得候補に挙げていると見られていたが、前述のようにヤマハは素早くビニャーレスを確保してみせた。

■「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

 ただビニャーレスは、ヤマハと早期に契約更改することを決めるのは簡単ではなかったと語っている。

「それ(契約更改)は簡単じゃなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ