サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ソニー VISION-S】車の開発にかなりアプローチできる…担当役員の思い[インタビュー]

ここから本文です

ソニーがEVを作った! その情報が伝えられたのは今年1月、米国ラスベガスで開催されたCES 2020でのことだった。この時はすでに実走行できる高い完成度を持っていたわけだが、その車両がついに日本国内に持ち込まれた。その開発に至るソニーの思いを担当役員に伺った。

◆実際にクルマを走らせてそのメカを知った上でセンサー技術が改善できる

インタビューに答えて頂いたのはソニーでAIロボティクスビジネスを担当する川西泉執行役員さんだ。お話を聞けたのは、待望の『VISION-S』の体験試乗を終え、まだ興奮が覚め切らないとき。

おすすめのニュース

サイトトップへ