サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > SUBARUの軽スーパーハイトワゴンのシフォンが商品改良を敢行。シフォンカスタムに新グレードのリミテッド・シリーズを追加設定

ここから本文です

SUBARUの軽スーパーハイトワゴンのシフォンが商品改良を敢行。シフォンカスタムに新グレードのリミテッド・シリーズを追加設定

ダイハツ・タントのSUBARU版「シフォン」がマイナーチェンジ。シフォンカスタムには新グレードの「Rリミテッド スマートアシスト」「RSリミテッド スマートアシスト」を設定。安全性能のいっそうの向上も図る

 SUBARUは12月8日、軽スーパーハイトワゴンのシフォンを商品改良し、同日より発売した。

SUBARUプレオ プラスが一部改良を実施。オートライトを全車標準装備化

車種展開は以下の通り。
■シフォン
Lスマートアシスト:2WD134万2000円/4WD146万8500円
Gスマートアシスト:2WD149万500円/4WD161万7000円
GSスマートアシスト:2WD172万7000円
■シフォンカスタム
Rスマートアシスト:2WD174万9000円/4WD187万円
Rリミテッド スマートアシスト:2WD180万9500円/4WD193万500円
RSスマートアシスト:2WD188万1000円/4WD200万2000円
RSリミテッド スマートアシスト:2WD194万1500円/4WD206万2500円

 SUBARUシフォンはダイハツからOEM供給を受ける軽乗用車で、タントおよびタントカスタムの兄弟車に当たる。今回の商品改良は、新グレードの追加設定や先進安全運転システムのいっそうの進化を図ったことが特徴である。
 まずグレード展開では、シフォンカスタムに大型フロントグリルやバンパーガーニッシュ、サイドガーニッシュなど専用パーツを組み込んだ新グレードの「Rリミテッド スマートアシスト」「RSリミテッド スマートアシスト」を設定。また、RSリミテッド スマートアシストには専用デザインの15インチアルミホイールを装着した。

 一方、先進安全運転システムの進化に関しては、スマートアシストに採用するステレオカメラの刷新などを実施。機能面では、衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキの性能を高めたほか、新たに路側逸脱警報機能、ふらつき警報などを導入して安全性能をより向上させる。 さらに、ターボエンジン搭載のグレードでは全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールの作動速度域を広げ、長距離走行におけるドライバーの負荷をこれまで以上に軽減した。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、KF型658cc直列3気筒DOHC12Vの自然吸気(52ps/6900rpm、6.1kg・m/3600rpm)とインタークーラー付ターボ(64ps/6400rpm、10.2kg・m/3600rpm)の2機種を設定。組み合わせるトランスミッションには、エンジンの回転をタイヤに伝えるCVTにスプリットギアを組み込んだD-CVTを採用している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します