サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの東京モーターショーへのEVやPHEVのコンセプトカー出展はトヨタとの関係強化の現れか?

ここから本文です

 スズキが得意とするコンパクトカーで新たなアイデアを提示した

 130万人もの来場者を集めたという東京モーターショー2019。思い返せば、スズキのブースでは2台のショーモデルがステージ上で注目を集めていた。1台はスイッチひとつでクーペからワゴンボディへ変身、フロントマスクやインパネ意匠を切り替えることもできる『WAKUスポ(ワクスポ)』。もう1台は完全自動運転を前提としたモバイルルーム『HANARE(ハナレ)』だ。

トヨタとスズキが資本提携を発表! ダイハツを子会社にもつトヨタがスズキと手を取り合う理由とは

 いずれも全長4m未満のコンパクトカーで、いかにもスズキが得意としているカテゴリーへの提案といえる。