サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 官能サウンドを奏でる直列4気筒エンジンを搭載し待望の復活を遂げたカワサキ「Ninja ZX-25R」

ここから本文です
Kawasaki『Ninja ZX-25R』82万5000円~

2万回転まで誇らしげに刻まれたタコメーター際立つ。レッドゾーンは1万7000回転から。超高回転の熱い走りが楽しめる直4ニーゴーがついに帰ってきた。45psを発生するエンジンには電子制御スロットルバルブを搭載。トラクションコントロール、2種類のモードから出力特性を選べるパワーモード、カワサキの250ccクラス初のクイックシフター(SEに標準装備。STDモデルではオプション)、倒立式フロントフォークなど、スーパーバイクと呼ぶにふさわしい本気の装備をおごる。

おすすめのニュース

サイトトップへ