サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2022年F1は1ストップ戦略が主流か。新タイヤでは「ピット回数を減らすことが可能なのは事実」とピレリ

ここから本文です

 ピレリのヘッド・オブ・カーレーシングを務めるマリオ・イゾラは、F1の新しいタイヤの低デグラデーション特性により、2022年は1ピットストップのレースが主流となる可能性があると考えている。

 2022年に刷新された技術レギュレーション・プラットフォームが導入されたことから、F1は18インチタイヤに切り替え、ピレリは新たなタイヤ構造とコンパウンドを開発した。

2022年F1、ドライバーごとのタイヤ選択制は復活せず「18インチ導入もあり、チーム側が全車一律の配分を希望」とピレリ

 ピレリはより優れた耐久性を提供する一方で、チームには戦略的な選択の余地を残すとみられる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン