サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コルベットが北米カーオブザイヤーを獲得 スープラは獲得ならず

ここから本文です

コルベットが北米カーオブザイヤーを獲得 スープラは獲得ならず

毎年恒例で年始に最終選考が実施される北米カー オブ ザ イヤー。その2020年のウィナーが決定した。乗用車部門のイヤーカーに選ばれたのは、「シボレー コルベット スティングレー」。また、ユーティリティ部門は「キア テルライド」が、トラック部門は「ジープ グラディエーター」が獲得した。

週末に千葉・幕張メッセで開催されたオートサロンに出展され、日本でも大きな注目を集めた新型コルベット。やはり本国でもその人気は高かった。評判の高かった「トヨタ スープラ」や同じく最終選考に残った「ヒュンダイ ソナタ」を打ち破り、50人の選考による同ショーにおいて、見事カー オブ ザ イヤーに輝いた。

コルベットは、1953年の初代誕生から8代目を数え、6.2リッター自然吸気V8エンジンを搭載。伝統の大排気量V8を踏襲しつつ、同モデルで初めてミドシップレイアウトを採用するなど革新にも踏み切った。ボディタイプはクーペとコンバーチブルを設定し、後者はリトラクタブルハードトップを採用しており、これも同モデル初の試みとなる。

なおユーティリティ部門では、最大8人乗りの大型SUV「キア テルライド」が最終選考に残ったヒュンダイパリセードやリンカーン アビエーターを破り、ユーティリティ オブ イヤーを獲得。

また、トラック部門は2018年にジープラングラーJLをベースとするミッドサイズ ピックアップトラックの「シープ グラディエーター」が、フォード レンジャーやラム ヘビーデューティに勝り、トラック オブ イヤーを射止めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します