サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今年の本命? 日産新型「キックス」登場間近! トヨタ「ヤリスクロス」に対抗出来る?

ここから本文です

今年の本命? 日産新型「キックス」登場間近! トヨタ「ヤリスクロス」に対抗出来る?

■日産新型「キックス」登場! 日産復活の救世主となるか?

 さまざまなメディアで「日産は日本市場を軽視している」という記事を見かけます。確かにここ数年を振り返ると、ニューモデル投入は海外向けばかりで日本市場は各モデルの高齢化が大きな課題となっていました。

トヨタ新型「ヤリス クロス」登場! ヤリスのSUV風モデルってどんなモデル?

 しかし、2019年3月の「デイズ」や2020年3月の「ルークス」という新型軽自動車に続いて、注目の1台が間もなく登場予定です。それがコンパクトクロスオーバーSUV「キックス」です。

 世界的なクロスオーバーSUVブームのなか、日産はワールドワイドで見るとさまざまなラインアップを持っていますが、日本市場に関していえばジュークは販売終了しています。

 日産のSUVを支えている「エクストレイル」もモデル末期と品薄状態でしたが、新型キックスの導入や2020年末から2021年頭に予定されているエクストレイルのフルモデルチェンジで一気に挽回を図るというわけです。

 そんな状況下に登場する新型キックスですが、日本市場での立ち位置はジュークに代わるモデルです。肝心のジュークは2019年に欧州で2代目が発表されていますが、現時点では日本導入予定はありません。

 基本コンポーネント(パワートレイン/プラットフォーム)の多くをルノーと共用、英国工場で生産といった理由もあると思いますが、筆者(山本シンヤ)は日本市場で安定したビジネスをおこなうには、「変化球ではなく直球勝負できるモデルが必要」だという判断だったと考えています。

 今回のキックスですが、実は完全なニューモデルではありません。2016年に南米マーケットを皮切りに北米や中南米、アジアに導入済みのモデルで、日産の世界戦略車の1台となります。

 ちなみにインドでは2019年から発売が開始されていますが、見た目は似ているもののボディサイズやプラットフォームが異なる独自仕様だそうです。

 2020年5月15日に、新型キックス(タイ仕様)のビックマイナーチェンジモデルがオンラインで発表されました。登場4年目での大幅改良となりましたが、このモデルが日本に導入される予定だといいます。

 もっとも注目すべき点はe-POWERの採用です。日本ではノート/セレナに搭載され当たり前となりつつある技術ですが、タイ仕様が先行発表されたことは実は非常に重要なことです。

 それは「e-POWERの海外展開をおこなう」という決意表明です。これまでe-POWERは日本向けのみでしたが、その人気の高さを受けて今後はEVと並んで日産の「電動化」のキーテクノロジーのひとつに加えられることになります。

■日産新型キックスはどう挑む? 激戦コンパクトSUV市場

 新型キックスが導入されるコンパクトクロスオーバーSUV市場は、世界をはじめ日本でも激戦区で数多くのライバルが存在します。

 トヨタは「ヤリスクロス(日本で2020年秋発売)」、「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」などになります。新鮮さではヤリスクロスですが、ヴェゼル/CX-3は長年に渡る進化・熟成も見逃せない部分です。

 また、輸入車ではフォルクスワーゲン「Tクロス」、プジョー「2008」、シトロエン「C3エアクロス」などの個性派も揃っています。

 そんななか、キックスの強みは内燃機関とは異なる独自のドライブフィールを持つe-POWER、エクストレイル譲りのSUVならではの力強さ、日産の最新トレンドをプラスしたデザイン、そして戦略的な価格だと考えています。

 実は日本仕様のキックスはタイ工場で生産され日本に輸入といわれていますが、タイ生産では効率化などのコスト面で生まれるメリットが日本のユーザーに価格として還元してくれるはずです。

 ちなみに現行マーチがタイ生産に代わり色々な指摘がありましたが、あれは開発側の問題が大きく、品質面ではむしろ日産の生産拠点のなかではトップクラスだと聞いているので心配はいらないと思います。

 日産関係者によると「海外生産車を輸入という意味だと、ほかの工場製のほうが色々と大変でした」といいます。

 ただ、キックスの気になる点がないわけではありません。ひとつは「AWDの設定はあるのか?」、ふたつめは「安全支援システム」の内容です。

 発進サポート用とはいえノートにはAWD設定があるのに、キックスにないのは販売面では不利です。現時点での情報で、日本仕様にはFWDのみだといいますが、追加されるかもしれません。

 また、タイ仕様ではエマージェンシーブレーキ、後側方追突防止支援システム、アラウンドビューモニターに加えてインテリジェントクルーズコントロールを採用となっています。

 個人的に日本仕様は「プロパイロット」にバージョンアップされていることを期待。日本でも唐草模様のテストカーが数多く目撃されていますが、その確認のためであることを信じたいと思います。

 ここ最近は、お家騒動ばかりが話題となっていた日産ですが、クルマ屋である以上はクルマが話題になるべきです。

 日本仕様と日本の道で試乗するまで最終的なジャッジはできませんが、キックスはそんな1台であることを願っています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します