現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ『C-HR』新型、新写真を公開…デザインは「公道を走るコンセプトカー」

ここから本文です

トヨタ『C-HR』新型、新写真を公開…デザインは「公道を走るコンセプトカー」

掲載 41
トヨタ『C-HR』新型、新写真を公開…デザインは「公道を走るコンセプトカー」

トヨタ自動車の欧州部門は11月18日、小型クロスオーバー車の『C-HR』(Toyota C-HR)の新型の新たな写真を公開した。

2世代目となる新型C-HRには、斬新な外装デザインによって、「公道を走るコンセプトカー」のようなインパクトを与えることを狙う。具体的には、エッジの効いた新しいデザインと先進のテクノロジーを採用した。フロントの造形は、EVの『bZ4X』や新型『プリウス』にも見られるトヨタの新しい顔つきだ。ルーフのブラックを、リアバンパーまで延長した新スタイルのツートーン塗装も選択できる。

トヨタ『C-HR』新型、生産開始…日本市場への導入は?

新型は、欧州の顧客のために、欧州でデザインやエンジニアリングを行った。12.3インチのフルデジタルメーターを新採用した。このディスプレイは、ドライバーの好みや走行状況に応じて、さまざまなコンテンツを優先的に表示するように調整できる。例えば、高速道路を走行する際には、先進運転支援システム(ADAS)に関する情報を目立つように表示する。ステアリングホイールのスイッチで3種類の表示レイアウトを切り替えることが可能。デジタルキーシステムによって、スマートフォンで車両にアクセスし、始動することも可能だ。

すべての操作系をドライバーズゾーンに集約した。水平基調のインストルメントパネルと、「ウイング」をデザインテーマとすることで、乗員が包み込まれるような感覚を得られるようにした。ドライバーが車両に近づくと、自動的にウェルカムモードが作動し、テールゲートのイルミネーションなどが明るく輝く。シートポジション、デジタルメーターディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、マルチメディアスクリーンは、ドライバーの好みの設定が自動的に適用される、としている。

こんな記事も読まれています

ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
Auto Messe Web
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
AUTOSPORT web
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
AutoBild Japan
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
AUTOCAR JAPAN
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
AUTOSPORT web
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
AUTOSPORT web
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
レスポンス
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
AUTOSPORT web
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
マツダが新型「軽自動車」発表! “鼓動”感じるスポーティな「ターボエンジン」搭載! マツダ初の「先進機能」も採用した“期待の新型モデル”に反響多数!
くるまのニュース
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
えっまだ売ってたの?……日本ではそんな存在!? クライスラー復活の象徴だった「300C」がひっそり終売していた
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「日産 スカイラインGT-R」から全4問!
レスポンス
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
レーシング・ブルズのリカルド、テスト2日目は5番手。マシンに好感触も「アストンのようなおとぎ話にはならない」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

41件
  • ウエスト
    プリウスをSUVにしてみた。って感じのデザインになりましたね。
  • fpm********
    ケチつけてるアホな奴らはどうせ買わないし買えないだろ現地価格日本円500万超えだからな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.2302.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

117.3418.0万円

中古車を検索
C-HRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.2302.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

117.3418.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村