サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツEクラスをより洗練させた特別仕様車「ローレウスエディション」を発売

ここから本文です

メルセデス・ベンツEクラスをより洗練させた特別仕様車「ローレウスエディション」を発売

 E300アバンギャルド スポーツは一部改良でスポーティさアップ

 メルセデス・ベンツ日本は、Eクラスセダンならびにステーションワゴン、オールテレインに特別仕様車「ローレウスエディション」を設定。また、E300アバンギャルド スポーツの装備を一部改良し、それぞれ注文受付を開始した。

本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

 E200、E200 4MATIC、E200dに追加されるローレウスエディションは、セダンとステーションワゴン両方に設定。スポーティさを際立たせてくれるAMGスタイリングパッケージで外観に磨きをかけている。

 そのほか、Qi規格に対応した機種の携帯電話を無線充電することが可能なワイヤレスチャージング機能やヘッドアップディスプレイといった先進装備を標準化している。

 また、上質で滑らかなナッパレザーを用いたシート、後席シートヒーターやハイエンドオーディオメーカーであるブルメスターと共同開発したサラウンドサウンドシステムを装備する「エクスクルーシブパッケージ」をオプション設定としている。

 なお、すべてのローレウスエディションには、センターコンソールに「Laureus」のロゴがデザインされたバッジが装着されている。なお、開放感たっぷりなドライブを楽しめるパノラミックスライディングルーフをステーションワゴンは標準装備し、セダンにはオプションとして用意される。

 E200d 4MATIC オールテレイン ローレウスエディションは、特別仕様車専用デザインとなるハイグロスブラック19インチマルチツインスポークアルミホイールを、インテリアにはブラックアッシュウッド(マット)のインテリアトリムとセンターコンソールを設定。加えてワイヤレスチャージング機能とステアリングヒーターを標準装備としている。

 一部改良が施されたE300アバンギャルド スポーツは、ラジエターグリルやドアミラーハウジング、ウインドウトリムをハイグロスブラックに仕上げることで、スポーティさを高めている。

 各車のメーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

【セダン】 E200 ローレウスエディション 755万円 E200 4MATIC ローレウスエディション 778万円 E200d ローレウスエディション 777万円 E300 アバンギャルド スポーツ 877万円

【ステーションワゴン】 E200 ステーションワゴン ローレウスエディション 810万円 E200 4MATIC ステーションワゴン ローレウスエディション 833万円 E200d ローレウスエディション 831万円 E300 ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ 916万円

【オールテレイン】 E200d 4MATIC オールテレイン ローレウスエディション 912万円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します