サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中部国際空港島で自動運転バスの実証実験へ…10月29日から

ここから本文です

愛知県は10月18日、中部国際空港島(常滑市)で「公道と空港制限エリアの同時運行・管理」をテーマに、空港利用者と空港島勤務者の移動手段を想定した自動運転の実証実験を実施すると発表した。

今回、全国でも先進的な取り組みとなる「複数台のバス型車両の一元的な遠隔監視」のもと、中部国際空港内の制限区域と空港島内の総合物流地区それぞれを周回するルートで2台の小型自動運転バス車両を同時に運行する。

空港内制限区域では、一部区間で運転席無人の運行を実施する。実証実験では5GやAIなどの先端技術を採用することで、自動運転車両の運行の省人化と安全の両立を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ