サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ Q3 などリコール、燃料メーター誤表示のおそれ…ガス欠に注意

ここから本文です
アウディジャパンは10月8日、『Q3 35 TDIクワトロ』および『RS Q3』の燃料メーターが誤表示となるおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2020年10月13日~2021年3月19日に輸入され1323台。

対象車両は第2燃料タンクに取り付けられている燃料ゲージセンサー付きサクションジェットポンプにおいて、燃料ラインと燃料ゲージセンサーの間隔が不適切なため、燃料ゲージセンサーが燃料ラインに引っかかることがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン