サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティンF1、将来的に若手ドライバ―育成プログラムの設立を検討か

ここから本文です

 アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、チームとして将来的に独自の若手ドライバ―育成プログラムを持つことを検討するかもしれないと述べている。

 過去にはフォースインディアの名のもとで、アストンマーティンは若手ドライバーのトレーニングの場として機能してきており、なかでもジョージ・ラッセルやニキータ・マゼピンらとテストを行っていた。

F1、ルーキードライバーの金曜起用を義務化へ。若手にチャンスを与えるため2022年一部グランプリで実施の計画

 しかしアストンマーティンが野心とともにその基盤を拡大させるにつれ、優先事項となる構想ではないものの、チームの機能にジュニアプログラムを追加する可能性が出てきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ